×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.30:iArtwork

ツール名:
iArtworks

種類:
iTunes補助ソフト

個人的評価度:
★★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
iArtwork Wiki[http://a-tak.com/wiki/index.php?iArtwork]
トップページやや下のダウンロードの項目から。
DLサイズ61KB(ver0.9.4)

インストール容量:
200KB

機能:
(以下Wikiより引用)
iTunesのアートワークにAmazonのジャケット写真をダウンロードして自動設定するツールです。Amazon Webサービスを利用しています。
(引用ここまで)
ボタンひとつでハードディスク内の全ての音楽ファイルにジャケット画像を設定してくれるので、簡単でとても便利。ただ数が多いと設定にやや時間がかかる。また、稀に類似したタイトルやアルバム名の別のジャケットを設定してしまう場合もあるので、その場合は手動で設定しなおす必要がある。また、.NET Framework1.1以上をインストールしている必要がある。

使用法:
本体をDLして適当なフォルダに解凍後、本体を起動。あとはアートワーク設定ボタンをクリックするだけ。これで自動的に全ての音楽ファイルについてAmazonからジャケットを取得して適用してくれる。また、iTunesで選択中のファイルについてのみ取得することもできる。
iAs.jpg
iArtworkの起動画面とAvetunesで表示したジャケット(クリックで拡大)

取得の際はアーティスト名、アルバム名、タイトルの3つが正しく設定されている必要があるが、最悪アーティスト名かアルバム名が正しく設定されていれば適用されることがある。気をつけたいのが、「○○○(アルバム名) Disc1」などのように、Discナンバーを一緒にアルバム名に含めてしまっていると、正しく設定されないことが多い。あらかじめ消しておくようにしよう。まとめて設定を行う特性上、いい加減な設定で行うとチェックするのが面倒になるので、事前に全ての音楽ファイルについてタイトルなどが間違っていないか確認しておこう。

一度全ての音楽ファイルのジャケットを設定した後、もう一度やり直したいか、ある特定のファイルについてのみ設定をやりなおしたくなった場合、キャッシュクリアやアートワーク削除機能を利用することができる。
iArtworkは一度設定を行ったファイルについて、時間短縮のために次回からはスキップするように設定する。この設定をクリアするのがキャッシュクリアだ。このコマンドでは全てのファイルのキャッシュがクリアされるので注意。
アートワーク削除は名前のとおり、選択した音楽ファイルのアートワークを削除する機能。iArtworkで設定したものだけでなく、手動で設定したジャケット画像も削除するので注意。

感想:
100曲や200曲程度ならジャケット探しもそれほど苦にはならないが、1000曲単位で持っているとアルバム1つ1つについてジャケットを探して適用する、という作業はかなり大変だ。これを全自動で行ってくれるのだから、これほどありがたいソフトはない。
設定を行う前に一度全ての音楽ファイルのタイトル、アルバム名、アーティスト名が正しいかをチェックする必要はあるが、この機会に見直すと思えばさして大変でもないだろう。欲を言えば、もう少し検索に柔軟性が欲しいところだが、使いやすさは抜群だ。

【関連サイト】
iArtwork - A-tak Wiki
http://a-tak.com/wiki/index.php?iArtwork
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/91-b7dcab0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。