×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.4:Winamp5

ツール名:
Winamp5

種類:
音楽メディアプレイヤー

個人的評価度:
★★★★★

形態:
フリーウェア(Pro版シェアウェア有)

配布元:
Nullsoft WINAMP.COM[http://www.winamp.com/]
上部リストよりPlayerを選び、真ん中あたり左側のGet freeのボタンをクリック。Lite、Full、Bundleの3種があるので、自分が欲しい機能があるものを選んでクリック。
 ・Lite:軽量版。mp3やAACなどの音声ファイルのみ再生でき、
     Winamp2用のプラグイン、スキンを利用できる。
 ・Full:通常版。Winamp5の全ての機能を利用できる。
 ・Bundle:California Rainというサンプルmp3が入っている。
Bundle版は洋楽mp3がついてくるだけなので、特に問題なければFull版をDLするようにしよう。
DLサイズ4.5MB(ver5.08)

インストール容量:
24MB

機能:
Winamp5はメディアプレイヤーとしは非常に多機能で優秀だ。
mp3やAAC、ogg、wma、cda、midi、wavなどの音声メディア、mpg、avi、wmv、asfなどの動画メディアの再生をサポートし、Media Libraryによってファイル名、アルバム、歌手名別で管理ができ、スキンで外見が変えられ、CDライティングができ、プラグインによってさらに多彩な機能を追加することができる。
また、デフォルトでAACやwavへ、プラグインを追加したり、外部エンコーダをインストールすればmp3やoggへのエンコーディングも行える(外部エンコーダ(例えばLAME)をインストールしていない場合はmp3エンコードはpro版のみで可能)。
フリーのメディアプレイヤーのなかでは特に長い歴史を持つソフトなので、安定性や知名度も抜群である。
使用法:
まず公式ページより本体をDLし、インストール。
続いて、日本語化パッチをこちらのサイトで手に入れることができるので、DLしインストール。日本語化を行う際は、インストールしたWinamp5と日本語化パッチのバージョンが同じであるか確認すること。2005年3月16日現在ではパッチはver5.08eに対応している。
インストール後Winamp5を起動し、全てのウィンドウを表示させると下のような状態になる(ウィンドウ表示は右クリック)。
WA-DFs.jpg
(クリックで拡大)

基本的な使い方はとても簡単だ。プレイリストの一番下にAdd、Remなどのボタンがあるが、Addでファイルをリストに登録、Remで削除を行う。あとはメインウィンドウで再生ボタンを押せば再生してくれる。
イコライザも直感的に操作できるようになっているのでとてもわかりやすい。
また、最初にMedia Libraryを起動するときに、ファイルの登録を行うか聞かれるので、自分のHDで音楽ファイルや動画ファイルを収めているフォルダを選択すると自動的にライブラリに登録されていくようになっている。
ファイルの情報はプレイリストのタイトル名を右クリック→ファイル情報でID3タグエディタが開くので、そこで変更できる。

次に、スキンについて。
Winamp5はデフォルトのスキン以外に様々なスキンが用意されていて、ネット上で手に入れることができる。
ほとんどのスキンは公式ページに登録されているので、上部のリストからSkinsを選び、自分の好みに合ったものを探しDLしよう。DL後はファイルを左クリック→Installを選べば自動的にスキンがインストールされる。
・オススメSkin
 ・IPod G4
 ・Hals Eyes
 ・MMD3
WA-DTs.jpg

Invictaを適用したWinamp5(クリックで拡大)

最後はプラグイン。
Winamp5は様々なプラグインをインストールすることで多くの機能を追加できるようになっている。プラグインもスキンと同様にWinamp5の公式ページにたくさん登録されているので、欲しい機能があれば探してみよう。
Ogg-vorbisへエンコードできるプラグインやゲーム、ディスプレイエフェクトなど様々なものが用意されている。ただ、説明やコメントが英文なので注意。
 ・Ogg-Vorbis encoder(Oggエンコーダ)
 ・Enhancer 017(エンハンサ)
 ・DFX 7 for Winamp(エンハンサ)
 ・iPod Support Plug-in

感想:
メディアプレイヤーとしては知らない人のほうが少ないほど超有名なMPなので、その多機能さと安定性は疑う余地がない。
全てチェックしきれないほどのスキンやプラグインがあり、ほぼ完全な日本語化パッチがあるなど、本体以外の部分も非常に痒いところに手が届くようになっている。
単なるメディアプレイヤーとしてだけでなく、ブラウザ、CDライタ、エンコーダなど様々な用途で利用できる能力を持っているので、使いこなせればこれほど便利なソフトはない。
Winamp2の軽い動作と3の多彩なカスタマイズ性を併せ持ったWinamp5は、最も使いやすいMPの一つと言っていいだろう。当面のライバルはWMPとiTunesだろうか。

【関連サイト】
Winamp公式サイト-WINAMP.COM
http://www.winamp.com/
Win32工作小屋(日本語化パッチを公開)
http://win32lab.com/
1から始めるWinamp
http://www.cdwavmp3.com/wa/
<
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/6-c13d996f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。