×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.21:@zPod

ツール名:
@zPod

種類:
多機能デスクトップツール

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア(β版)

配布元:
@zPod公式サイト[http://lefool.chez.tiscali.fr/]
DLサイズ1.4MB(ver0.9d)
日本語化パッチ
barlog[http://barca.daa.jp/]様の1月28日の記事より

インストール容量:

機能:
デスクトップ上に、タスクバーをはじめとした様々な機能を持ったPODと呼ばれるパネルを表示するソフトウェア。実質的にタスク
バーの機能をまるまる代替できるため、PCの使用法を根本から変えてしまう力のあるソフトだ。PODの具体的な機能としては、カレンダー、天気予報、デジタル時計、WMPパネル、RSSリーダー、フォトアルバム、付箋、メールチェッカー、Googleサーチ、ゴミ箱、リンクマネージャ、電卓など多岐に渡る。
現在はまだβ版のためか、スキンの変更などは行えないが、デフォルトの状態が半透明のクールな外観なので充分だと思う。
使用法:
公式ページから本体をDLし、解凍する。日本語化パッチは@zPod本体と同じフォルダに移動させてから実行すればOK。あとはexeファイルを実行すれば@zPodが起動する。
PCの起動と同時に@zPodを起動させたい場合は、@zPodのショートカットをメニューのスタートアップのフォルダ内に移せばよい。

最初起動したときはメインパネルとタスクパネルしか表示されていない。メインパネルを右クリックすると、Addという項目が一番上にあるので、そこから自分の追加したいパネルを選択すると、メインパネル上に黒い●が追加される。これをクリックすればそのパネルがデスクトップ上に追加される仕組みだ。各PODの設定は、それぞれのパネル上で右クリック⇒セットアップで行える。
@zs.png
初回起動時の状態(クリックで拡大)

ほとんどのパネルはデフォルトの状態で使えるが、RSSリーダーと天気予報、フォトアルバム、メールチェッカーは設定を入力しないと意味がないので、セッティングを行おう。天気予報パネルの設定で注意したいのが、国の項目には国名(Japanなど)ではなく、都市の名前を入れなければ正しくコードが出力されないということだ。例えば東京なら、Tokyoと入力して国名コードを出力、それを設定すればOK。RSSリーダーのURLにはhttp~rdfのようなアドレスを入力するようにしよう。
ex)スラッシュドットジャパン[http://slashdot.jp/slashdot.rdf]

@zPodを最初に起動したとき、タスクバーが自動的に消えてしまうことに驚いた人もいるかもしれない。これは、@zPodの機能でWindowsのタスクバーの機能の大部分を補えてしまうからなのだ。
Addの項目の一番下に、ショートカットというメニューがあると思う。それを選択し設定することで、メインパネルをランチャーのようなものにすることができる。それではまず、スタートボタンをメインパネル上に作ってみよう。追加項目からショートカットを選び、適当にタイトルを入力する。アイコンはデフォルトのものを使用してもいいし、自分で用意してもいい。あとはショートカットの項目で、Start Menuを選んでOKを押せば完了だ。
同様にしてMy Computerやコントロールパネルなどのショートカットや、デスクトップを表示や全てのパネルをロックなどのコマンドも登録することができる。もちろん一番下のUser Shortcutを選んでユーザー定義の項目で実行ファイルを指定することで、ブラウザやMSWordなどのアプリケーションも追加することができる。

せっかく自分の好きなようにパネルを配置しても、つい間違って移動させてしまうことがあるかもしれない。それを防ぐために、配置が完了したらメインパネルの右クリックメニューから全てのパネルのロックをしておくようにしよう。これで@zPodの完成だ。
@z2s.jpg
各パネルを配置した状態(クリックで拡大)

感想:
まだβ版ということもあってか、起動中はPCの処理がやや重くなることがあった。また、タスクバーの使い勝手もよいとは言い難い。
が、それを補って余りあるほど、機能とデザインが優れている。今までにいくつかの多機能サイドバーソフトを紹介してきたが、それらの持つ機能をほぼ踏襲し、さらにそれ以上のデザイン性を発揮することのできるソフトがあったことはかなりの驚きだ。
正直なところ、機能の部分ではまだいくつか物足りなさも感じる。システムパフォーマンスモニタやWMP以外のメディアプレイヤー用のパネル、独立したランチャーやアナログ時計など、追加して欲しい機能は挙げると限がないほどだ。フォトアルバム機能に
ランダムスライドや実寸表示機能なども欲しいところ。
だが、このソフトの本当の売りは、自分の好きなようにパネルを
配置できるというそのデザインの自由度の高さだろう。それまでのかたっくるしくて融通の利かなかったWindowsのデスクトップを、多機能な上に見た目も自由なものに変えることができるのだから。
これからさらにスキンが追加され、新しい機能を持たパネルが次々と増えて、さらに素晴らしくなっていくことを期待している。先の楽しみなソフトだ。

【関連サイト】
@zPod公式ページ
http://lefool.chez.tiscali.fr/
barlog >>+||||<<
http://barca.daa.jp/
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/41-55f71f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。