×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.19:Rainlendar

ツール名:
Rainlendar

種類:
カレンダー型デスクトップツール

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Rainy's[http://www.ipi.fi/~rainy/index.php]
ProjectsのRainlendarを選び、一番下のFileからRainlendarの
クライアントを選ぶ。ちなみに上から二番目がZip圧縮版、三番目がインストーラ版。五番目が言語パックなので、日本語で使用したい人はこれも落としておこう。七番目がスキンパック。
DLサイズ713KB(ver0.21.1)

インストール容量:
0.7MB

機能:
デスクトップ上にスケジュール機能を持ったカレンダーを表示するソフト。動作が軽く、常時表示させておいても全く邪魔にならず、とても使いやすい。日本語に対応しているが、ポップアップの表示は日本語だと文字化けしてしまうようだ。
使用法:
本体をDLして解凍もしくはインストール。zip版とインストーラ版があるが、ここではインストーラ版をオススメしておく。インストール時に言語を選択するよう言われるが、ここでは日本語はまだ選べないため、適当にEnglishなどを選んでおこう。次にデスクトップ、スタートメニュー、スタートアップへのショトカの登録を選択し、OKを押せばインストールされる。解凍版を選んだ場合は、Rainlendarのほとんどのスキンや言語のiniはProgram files\Rainlendarをターゲットにしているので、Program filesフォルダ内にRainlendarというフォルダ名で置く必要がある。別の場所に置きたい場合はiniの中身を書き換えよう。
言語パックは解凍後、同じくRainlendarフォルダ内へコピーSkinも同様にコピーする。これで初期設定はほぼ完了だ。

基本的な使い方は、直感的に行えるのでわかりやすい。スケジュールオブジェクトを設置したい日にちをダブルクリックでエディットイベントというウィンドウが開く。Headerの部分にイベントのタイトルを入力、その下に内容を書き、右上の分類で種類を選択し、決定を押せばよい。入力したイベントは、タスクバー上に表示することもできる。
Rainlendarにはもう一つ、Todoというやることリストとでも言うべき機能がある。レンダー上で右クリック→Edit todo listから登録することができるので、メモ帳代わりに使うのもいい。
RLs.png
(クリックで拡大)

なお、スキンなどはLinkのwinCustomizeなどで手に入る。

感想:
デスクトップ上にカレンダーを表示する機能を持ったソフトは結構多いのだが、それでもこのRainlendarが広く使われているわけは、やっぱりその見た目のかっこよさと使いやすさにあると感じた。スキンが多様に用意されているため、自分のデスクトップのデザインにあわせて外観を自由に変更することができるし、スケジュール管理もとてもしやすい。サイドバー系のソフトは重くて使えない、とか見た目が好きじゃない、という人はこちらでカレンダー機能を補完してみてはどうだろうか。

【関連サイト】
Rainy's
http://www.ipi.fi/~rainy/index.php
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2008.07.25 09:21 * [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/35-e4db74d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。