×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Firefox3とOpera9.5

 てなわけで、ついにブラウザ界の二大巨頭(?)、FireFoxとOperaのメジャーバージョンアップが出揃いましたよ!
 僕は元々はおぺらーだったんだけど、昔使ってたPCでOperaが原因と思われるブルースクリーンが頻発するようになってからはFirefoxに乗り換え、それからかれこれ3年くらいFirefoxを使ってきた。Firefoxは最初は色々と面倒なものの、一度自分の使いやすい環境を整えてしまうとなかなか他に乗り換える気が起こらない、という恐ろしいブラウザで、PCを買い換えてOperaのブルースクリーン問題が解決してからもなかなかOperaに戻ろうという気にはならなかった。
 ただ今回、Opera9.5がなかなかにできがいいという話を聞いて、とりあえず久々にインストールしてみつつFirefox3使い比べて、あわよくば乗り換えてしまおうという考えのもと、これらの最新ブラウザの使用感などをまとめてみたいと思う。

Firefox日本公式サイト
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
Opera日本公式サイト
http://jp.opera.com/

 さて、まずはOperaの使用感から。
opera95.png

 まず見た目は黒を基調としてかなりリニューアルされている。ただ、格好良さはアップしたものの、リンクバーが微妙に分厚いのは少し残念。
 レンダリング速度の向上はすごいものがあり、ほとんどのサイトが文字通り“あっと言う間に”開いてしまう(FTTH回線ではあるが)という感覚で使える。また、一部のサイトで表示が崩れていた問題などもほぼ解決しており、試しにブックマークに登録されているサイトを片っ端から開いてみてもレイアウトがおかしなものは全くなかった。
 機能面では、今回のバージョンアップで実装された履歴の全文検索がかなり便利。「あの記事どこで見たんだっけ・・・」という悩みがほぼ解消される。また、僕が使っていない間に実装されたスピードダイヤルなども試してみたが、かなり面白い機能だと感じた。.torrentファイルのダウンロードに対応していたりするのも面白い。が、ウィジェット機能は別にいらないかな・・・(Yahoo!Widgetがあるし)。
 今回のバージョンアップをまとめると、長所であるレンダリング速度を向上させつつ、弱点を上手くカバーし、安定感を増した見事なものだったと言えるだろう。

 続いてFirefox3を見てみる。
ff3.jpg

 今回のバージョンアップで(というかバージョンアップのたびに)心配なのが、アドオンの対応。特に僕は結構な数のアドオンを入れているので、3に対応していないものが多く出てくると困りそうだなーとは思っていた。そして実際Firefox3をインストールしてみると、なんとAll-in-one系のアドオンとTab Mix Plusが対応してないと表示されるではないか!
 あわてて対処方法を探してみると、どうやらNightly Tester Toolsというアドオンを導入すると、かなりイレギュラーな方法ではあるが、一応Firefox2まで対応のアドオンも動かせるようになるらしい。早速入れてみると、All-in-one系もTab Mix Plusもちゃんと使えるようになった。一安心。
 さて、アドオンの問題が解決して改めてFirefox3を動かしてみると、そのレンダリングの速さにまず驚かされる。Operaの速さに驚いたばかりだが、Firefox3のそれも負けず劣らずかなり速い。というか、ページによってはOperaよりも速い。3へのバージョンアップで15000カ所も修正を施したというのは伊達じゃなかったようだ。
 懸念していたアドオンの問題もクリアできたし、長らくFirefoxユーザーを悩ませていたメモリ問題もある程度解決し、さしあたってみれば2から3へは順当な進化を遂げたと言えるだろう。細かい点では、パスワードの記憶表示が使いやすいようになっていたり、アドレスバーの機能が拡張されていたり、リンクバーによく見るページの項目が追加されたり、コンテンツマネージャが使いやすくなっていたりしているが、特に大きな目玉機能というのはないようだ。そういう意味では、今回のバージョンアップは全体的なブラッシュアップを思いっきり時間とエネルギーをかけて行ったものだ、と言えるかもしれない。

 さて、両者のブラウザを使い比べてみたところで、改めてどちらをメインブラウザとして使っていくかを考えてみたが、Firefox3の描画スピードがOperaに迫るレベルまで進化した点、2で使っていた各種アドオンが3でも問題なく動作している点、Operaのみの機能にそれほど魅力を感じない点などから、やはり今後も僕はFirefoxを使っていくことに決めた。
 ただ、OperaがFirefoxに劣っている、というわけではない。Operaの魅力はインストールした直後から全ての機能がフルに使えるという手軽さであり、それは各種アドオンを引っ張ってこなければ禄にマウスジェスチャーも使えないFirefoxにはないものだ。ただ、僕個人に限って言えば、これまで3年間Firefoxを使ってきて得た資源があったため、結果的にFirefoxのほうが使いやすく仕上がっていたというだけに過ぎない。
 それほどこれら2つのブラウザの機能レベルは高く、かつてほとんど機能と呼べるものの備わっていないIE6で一つ一つウィンドウを開いていた頃に比べれば隔世の感がある。なので、使う人それぞれが自分の使いやすいと思う方を選んで使えばいいと思う。

 今年の夏にはIE8のβ版がリリースされるそうなので、こちらも注目したいところだ。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/314-b0a3b789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。