×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×橋下府知事の近頃

今ウェークアップ+見てて思ったんだけど、自分の発言の軽さを指摘されたことに対して「最初から全部知った上で話すのは無理」みたいな返しをしてたんだけど、これって明らかに間違ってるよね。
自分がマニュフェストで重点政策に掲げていた教育分野に関して「机上の空論だった、現場を知らないで考えていた」つって持論を一部翻したことに、「自分が中心的に主張していた部分についても現場を知らないで考えていたんですか」と突っ込まれて、「全て知った上でなければ話せないならコメンテーターだって何も話せなくなる」と言い返してたんだけど、これも滅茶苦茶な詭弁だよね。

知らない部分については知らないって言えよ。んでよく調べて勉強から発言しろよ。ほかのコメンテーターや評論家だって自分のよく知らないことについて知ったかぶりで適当に喋ったりしねぇよ。
政策について全部知っとかなくてもいいから中心部分に据えた教育分野についてくらい現場を見てから立てろよ。ちゃんと勉強しとけよ。マニュフェストの中の全ての政策が現場を知らないで机の上だけで考えた中身からっぽのものなんだったら、初めから注意書きでそう書いとけよ。「※これらは机上の空論で、就任後に翻される可能性があります」と。

それと、ここ数日の橋下見てると何かコメンテーターとか評論家という人種を妙に見下した発言が多くなってきてるように感じてならない。もしそれが、「現場を知らず机上の空論で喋っていたコメンテーターの自分」から「現場を知って知識を増した府知事の自分」に成長したことで、自分以外のコメンテーターも全て「現場を知らず机上の空論で喋って」いると決めつけて、だから現場を知っている自分のほうが上なんだ、という勘違い論理に基づいた優越感だとするならば、調子に乗んなと言ってやりたい。

府知事就任後から今に至るまで、NHKとのいざこざやメディアでの発言なんかでの直情径行ぶりや短絡思考、論理矛盾が全部計算されたキャラづくりの結果なら、まだ多少は救いようがあるかもしれない。が、府知事になる前の言動を見てると、どうにもこれが地であるように思えてならない。
だとするならば、これからの大阪府の4年間というのは、想像以上にヤバいことになる可能性がある。宮崎県知事として大成功しているそのまんま東は、地方自治について大学院まで行って勉強し、なおかつ自分は頭のよい人間だという変なプライドを持たないで素直に県政に取り組んでいるため上手くいっているが、地方自治についてほとんど勉強したこともなく、さらに自分は頭のよい人間だという固定観念で凝り固まっている橋下の場合、周りの助言に耳を貸さず間違った持論だけで突っ走って行きかねない危険性を感じる。

暴走列車が崖下に向かって突っ込んでいくようなことにならなきゃいいけど。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/305-9df644dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。