×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.2:Mobydock

ツール名:
Mobydock

種類:
Dock系ランチャー

個人的評価度:
★★★


形態:
フリーウェア

配布元:
Mobydock Official Site[http://www.mobydock.com/]
Downloadsを選び、Mobydock(installer)をクリック。
DLサイズ3.5MB(ver.0.87b)

インストール容量:
33MB

機能:
Windows上でMacのDockのようなランチャーを再現したソフト。
自由に位置、登録SC、アニメーションを変更することができる。
使用法:
まず公式ページよりインストーラをDLし、インストールする。
インストールが終了すると、自動でReadmeとMoby本体が起動。
Mobydockの設定はデフォルトで右から三番目のアイコン、MOBYDOCK Control Panelから行う。コンパネのQuitでMobydockを終了、Acceptで設定の変更を反映。
MD-DT.jpg
インストール直後の状態(クリックで拡大)

設定は、
・Appearanceタブ
 ・Items欄がアイコンのサイズ(通常時と選択時)
 ・Skin/Transparency欄がアイコンの透明度、背景の透明度、
  背景の色
 ・Label欄はShow Labelでアイコンの名前の表示/非表示、
  フォントの設定、サイズ、boldで文字の太枠化
 ・Indicator欄では現在実行中のプログラムのアイコンを指す
  矢印の色を変更することができる
・Animationタブ
 ・Item-Animation欄ではまずEnabledで設定の固定、
  他の数値やチェックでアイコン選択時のアニメーション
  についての設定を行える
 ・Magnification-Width欄は拡大率
 ・Auto-Hide欄はしばらく使用しないでいると自動的に
  隠れてくれる機能の使用/不使用、タイミングの設定
・Positionタブ
 ・Position欄でデスクトップの上下左右どこに置くかを決める
 ・Offset欄ではX軸Y軸の数値を変えることで位置を調整
・Miscタブ
 ・その他の様々な設定を行うことができる
・eMailタブ
 ・メールチェックを行う際に必要なPOP3サーバの情報を登録
  下部の数値を変更することでチェックの頻度を決定できる
と、大まかに言うと以上のようになっている。

続いて各アイコンの設定を変えてみよう。
まずいらないアイコンを消してみる。これは実に簡単で、アイコンそのものをドラッグ&デスクトップにドロップすると、煙のエフェクトが出て消えてしまう。
次に新しいアイコンを設定する。
アイコンとアイコンの隙間、背景部分にカーソルを合わせ(このときアイコンが反応して大きくなるが構わない)、右クリックメニューからadd new itemを選ぶ。すると段ボール箱のようなアイコンが追加され、Item Propertiesというウィンドウが開く。この画面でアイコンの様々な設定を行うことができる。
まずDisplay-Nameでアイコンの名前、Application-Pathで起動するプログラムのアドレスを参照する。そして右側のSet imageでアイコンを変更することができる。

ここまで説明してきたことで大体Mobydockの機能は使えたと言えると思うが、ここでひとつ疑問が出てくる。
「アイコンはデフォルトで用意されているものしかないの?」
ということだ。実際、アイコンに使用できる画像は、形式がpngのもので128*128ドットのサイズであればよい。そのためネット上では様々な人たちがMobydockで使用できるアイコンを製作し、無料で公開している。
・【Object&Y'z&Moby】DOCK統合スレッド@2ちゃんねるWindows板 まとめサイト
[http://fellows.freespace.jp/dock/]
このサイトは有名な2chのDock総合スレッドのまとめサイトで、有志住人たちが自作したアイコンを始め、アイコン配布サイトのリンクなど様々なDock関連の情報を得ることができる。ここを足がかりに、自分の気に入るアイコンを探してみるのがいいだろう。
MD-DT2s.jpg

アイコン、背景などをカスタマイズした状態(クリックで拡大)

感想:
まだver1.00になっていないベータ版であるため、長時間の起動や特定の条件化で動作がおかしくなることがややあるが、全般的に使い勝手はまあまあといったところ。
ハイド状態やカーソルが重なっていない状態ではほとんどリソースは食わないのだが、カーソルを重ねてアニメーションが始まった瞬間にCPU消費量がハネ上がるので、ノートPCユーザや低スペックPCユーザにはあまりオススメはできない。
と、ここまで否定的な意見を書いたが、Windows上でMac風のランチャーを再現できるというのは、Macに憧れつつ使いやすさからWindowsを使っている僕のような人間にはとても嬉しい。
一通りのカスタマイズ機能はついているし、使いこなせればかなり有用なソフトであることは間違いない。

【関連サイト】
Mobydock Official Site
http://www.mobydock.com/
少しだけマック風に(より詳しい使い方が丁寧に解説されている)
http://www.geocities.jp/mac_yoh/index.html
【Object&Y'z&Moby】DOCK統合スレッド@2ちゃんねる Windows板
http://fellows.freespace.jp/dock/
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/3-5e86aa2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。