×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×雑記:右翼と左翼

つい先日、某ブログのコメント欄で、「小泉総理は改革推進派だから左翼とも言える」という書き込みを目にしたことがある。

確かに左翼という言葉は、「共産主義者」という意味だけではなく、リベラルという言葉に表されるように保守主義に抵抗する革新主義を意味する言葉でもあり、その意味に当てはめるならば「小泉総理は左翼だ」という意見もあながち間違いではないように思う。

そもそも左翼や右翼という言葉はそれぞれに多くの意味を含んでいる。
一般的な意味では左翼は共産主義、右翼は国粋主義を指すとされるが、それ以外にもさっき言ったような保守革新の別などもこの言葉の内に入る。さらに言うなら、共産主義に対するのは国粋主義ではなく資本主義であり、国粋(民族)主義に対するのは世界市民主義(コスモポリタニズム)であるはずだ。

右翼左翼という言葉は、ただ単にフランス革命期のフランス国民公会議で、議長席の右側に保守派のジロンド派が、左側に急進派のジャコバン派が座ったことから来ている言葉だとされる。よって、その当時の情勢では確かに左翼=急進=共産主義であったかもしれないが、現在の情勢にそれは必ずしも当てはまらないのは当然だ。
例えば、明らかな共産主義国=左翼の国であるはずの中国がバリバリの民族主義教育を施し、ガチガチの官僚機構で保守的な政治体制を敷いていたり、資本主義国であるはずの日本で愛国教育がタブー視されているのは、右翼、左翼の言葉の矛盾を皮肉にも端的に表していると言えるだろう。
先の小泉総理の話に戻ると、彼は政治主義的には改革派という意味の左派リベラリストであり、思想の面では愛国・民族主義の右派ナショナリストであるのだろう。

右翼や左翼という言葉は、その人の思想信条を一言で表す言葉として非常に便利であるがゆえに、生み出されてから現在に至るまで多くの場面で使われてきた。しかし、それらの言葉が内包する意味は、かつての共産主義が生まれたばかりの時代には矛盾なく両立できていたのだろうが、現在の複雑な情勢では様々な齟齬を生み出しているように思う。
もはや、右翼左翼という言葉での分類は、古くなってしまったのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/261-07e0bd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。