×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.14:AVG Anti-Virus

ツール名:
AVG Anti-Virus ver7

種類:
アンチウィルスソフト

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア(Pro版シェアウェア有)

配布元:
Grisoft Freeweb[http://free.grisoft.com/freeweb.php/doc/1/lng/us/tpl/v5]
Get AVG Freeの項目を選び、下部にあるAVG7.0freeをクリック。
DLサイズ10.8MB(ver7.308)

インストール容量:
16MB

機能:
かなり前から知られているフリーのアンチウィルスソフト。2004年11月にVer7.0のフリー版が公開されたので紹介しておく。
総スキャンや一部スキャン、常駐、メールスキャンなどの基本的な機能は一通り揃っている上、とにかくスキャン中の動作が他のアンチウィルスソフトに比べて非常に軽いのが特徴的。スキャンをかけながら他の作業を充分に行えるほどだ。
ちなみにフリー版とシェア版の違いは、大まかには言語設定が選べるかどうか(日本語はどちらにしろ選択できないが)と、Free版は個人使用に限る、ということのみだ。
使用法:
本体をDLしてインストールする。前バージョンの6までは独自のライセンスキーを取得する必要があったが、7からは必要なくなり最初から割り当てられたライセンスキーが入力されている。インストールが完了したら起動しよう。
最初にAVGを起動するといくつかの設定ウィザードが表示される。これらの設定は後で行うこともできるので、Nextで飛ばしてもいいが、特に問題なければ先に済ませてしまおう。
まずパターンファイルのアップデート。これは最初に同梱されている定義ファイルが古いものである可能性があるため、必ずアップデートしておくようにしよう。次がレスキューディスク。PCがウィルスに感染したときに必要になるディスクの作成。そしてメールの保護機能の設定と続き、最後にフルスキャンをするように促され、初期起動時の設定ウィザードは終了する。
AVGs.jpg
AVGのスキャン画面(クリックで拡大)

各項目の機能は以下の通り。
・Scan Computer:PCのフルスキャン
・Scan Selected Areas:PCの一部スキャン
・Check for Updates:アップデートのチェック

・Control Center:各種設定画面を開く
・Virus Vault:ウィルス感染ファイルの隔離部屋を開く
・Scheduler:定期スキャン、アップデートのスケジュール設定
・Rescue Disk:レスキューディスクの設定画面を開く
・Test Results:スキャン結果の報告画面を開く

フルスキャンを行う前に一つ注意を。メニューバーのTests→各種Test SettingでAutomatically heal~にチェックが入ったままの状態だと、ウィルスが発見されたときに自動的に削除されてしまう。これだと大事なファイルを間違って削除されてしまう危険性があるため、このチェックは外して手動で削除するようにしておいたほうがいい。その他はほぼデフォルトの設定で構わない。

次にControl Centerの各種の設定について。
AVG2s.jpg
Control Centerの画面(クリックで拡大)

各項目をクリックし、その後右下のPropertiesボタンを押せば設定画面が開くようになっている。それぞれの設定項目は以下。
・AVG Resident Shield:常駐スキャンの設定
 GrisoftはOn-close scanningにチェックを入れることを強く
 推奨しているようだ。これはアプリケーションの起動時だけ
 でなく、終了時にもチェックを行うというもの。
・E-mail Scanner:メールスキャンの設定
 Outlook(Express除く)などの一部のメーラを使用している場合
 は専用Pluginをインストールしなければならないので注意。
 それ以外であればPersonal E-mail Scannerを選びUse the
 personal test configurationにチェックを入れればよい。
・Unternal Virus Database:ウィルスデータベースの設定
・Scheduler:定期スキャン、アップデートのスケジュール設定
・Shell Extension:右クリックメニューにAVGでスキャンする
 項目を追加するかどうかの設定
・Update Maneger:アップデータをインストールするタイミング
 の設定
・Virus Vault:ウィルスの隔離部屋を開く

AVGは日本語に対応していないため、いくつかの単語を覚えておく必要がある。以下にその代表的なものを挙げてみた。
・Heal:検出されたウィルスを削除する
・Test:AVGではScanと同義語として扱われる
・Resident:常駐
・Vault:保管室

感想:
これだけの機能を揃えているフリーのアンチウィルスソフトは数少ないと言えるだけの機能を揃えているが、その分設定が難しくその上日本語に対応していないため、玄人好みのソフトと言えるだろう。
フリーのアンチウィルスというと先に紹介したavast!と比較することになるが、avast!がそれなりのスペックを持ったPC向け、設定が簡単なのでどちらかと言えば初心者向けであるのに対して、AVGは低スペックPCユーザ向けもしくは複雑な設定や英語での説明に耐えられる人向けだと思う。
自分の環境や能力に合わせて好きなほうを選んで使うのがいい。

(05/04/15修正)日本語化パッチがこちらで手に入る模様。バージョンが合っていることを確認してからあてるようにしよう。

【関連サイト】
Grisoft Freeweb
http://free.grisoft.com/doc/2/lng/us/tpl/v5
Firewallと森で遊ぼう
http://eazyfox.homelinux.org/index.html
のサイト内のAVG解説ページ。とても詳しく丁寧。
http://eazyfox.homelinux.org/SecuTool/AVG7/AVG701.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/22-00d36031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。