×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×2005年十大ニュース

2005年十大ニュース~個人ニュースサイト冬の陣に便乗して、別に参加するというわけじゃないんですが(うちはニュースサイトじゃないし)、年の瀬に今年一年を振り返るいい機会なんで、今年あった中で特に印象に残っているネタベスト10を選び出してみることにしました。
基本的に世間を騒がせた大きな事件とかは選ばず、「このブログをやってたから知ることができたネタ」をメインに選んでいきます。5つは面白かったネタ、5つはそれなりに真面目なネタで。
それではドウゾ。

・10大ネタ&ニュース

[2ch]遂に俺の部屋にあるプランターがプチトマトだと言うことが妹にバレた
http://blog.livedoor.jp/kemui/archives/28072276.html
今年一番笑った2chスレかもしれん。とにかく花京院のシュールさに爆笑。

[2ch]100取ったらフェラ○オ@都内の人限定
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/26630293.html
初めてVIPクォリティというものに感動した。

[2ch]コテデビューします
http://blog.livedoor.jp/warosunikki/archives/50073259.html
>>1のキャラがあってこその爆笑スレ。

[画像・動画]VIP STAR
http://yukawanet.com/sunday/pic/vipstar.html
歌うめぇwwwwwww
「お前本人なんじゃ?」と言いたくなるくらい似てる。今年一年の締めくくりはぜひVIP STARで!っていつの間にかすっかりVIPにハマってしまってるなぁ…

[2ch]トリビアみろ
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/27333081.html
ニュースって言うほどのものでもないけど、テレビ見てて久々に爆笑したのでwwww

[国内ニュース]日本国内で「iTunes Music Store」スタート。価格は1曲150円から
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/10615.html
オンラインミュージックストアの本命がついに日本上陸。これにより他のOMSサービスも一気に低価格化した。
まだまだネットで音楽を買うというスタイルが普及したとは言いがたいけど、これからそういう時代が来るのは多分間違いないだろう。音楽をデータで買い、データで保管し、データで持ち歩く。
うーん、未来的だ。

[他]席を譲らなかった若者
http://rakudaj.seesaa.net/article/3130212.html
この記事には相当考えさせられたなぁ。
一概にどちらが悪いとも、どちらの主張が正しいとも言えない問題なんだけど、個人的な心情としては若者のほうの味方をしたくなる。もちろん、お年寄りのほうの「いたわってほしい」という気持ちもわからないでもないけど、席を譲られることを当然と思うようになってしまった時点で、彼らに席を譲らない若者を責める権利はなくなってしまったんだろう。きっと。

[中国・韓国]日韓友情年にふさわしい、「マンガ嫌韓流」の発売
http://nishimura-voice.seesaa.net/article/5440731.html
今年発売された本の中で一番話題になった本じゃないかな。マスコミ以外で。最終的に三十万部くらい売れたらしいし、続編も出るそうなんで、また期待したい。
僕が韓国について色々と調べ始めたのが今年の頭ごろからで、ちょうどこの本が出るころに大体の情報を集め終わったって感じだったから、ある意味非常にタイムリーというか、総復習みたいな感じですんなりと読むことが出来た。
今年一年韓国に関しては様々なことがあったけど、きっと来年も退屈させないでくれるだろう。

[国内ニュース]2005年総選挙
http://www.yomiuri.co.jp/election2005/
『世間を騒がせた大きな事件とかは選ばず』とは言うものの、やっぱりこれなくして今年一年は語れまい、ということで。
「小泉劇場」や「郵政民営化」などの流行語が生まれたり、ホリエモンがいきなり参戦してきたりと、話題には事欠かなかったなぁ。結果が出た後も、自民圧勝、タイゾー君とネタ尽くめ。
僕自身にとっては選挙権を得てから初めての国政選挙だったわけだけど、ブログをやっていたお陰で色んな人の意見を知ることが出来たし、自分で情報を集め、考え、結論を出すというプロセスをこれほどちゃんとやったことは今までなかったので、とてもいい経験になった。

[国内ニュース]なぁに、かえって免疫力がつく。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20051124/col_____hissen__000.shtml
ブログを始めて思い知ったことの一つが、マスコミというものはあまりにも信用できないメディアであるということだ。この社説はその象徴ということで。
東京新聞にしろ、朝日にしろ、TBSにしろ、毎日にしろ、自分たちに都合のいい情報のみを流し、知らせたくないニュースは隠し、さらには捏造し、隠蔽し、印象操作をする。そんなメディアが公平性や公共性を謳い、いざM&Aを仕掛けられたらそれを盾に世論を味方につけようとする。そしてジャーナリズムを叫び、警察は信用されてないから、自分たちに被害者の通名報道の権利を寄越せと騒ぎ立てる。
それら全ての原因は、メディアによって簡単に操られていた我々世論にある、とも言えるかもしれない。だけどそれももうすぐ変わるだろう。インターネットの普及、発達によって。

と思う荒巻であった。
         _,,..,,,,_  
         / ,' 3   `ヽーっ 
         l   ⊃  ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"


【おまけ】
・個人的流行語大賞ベスト5

1位:
「ワロス(派生語含む)」
2位:
「ツンデレ」
3位:
「どう見ても精子です。
 本当にありがとうございました。」
4位:
「インスパイヤ」
5位:
「モルスァ」
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/214-b4bc799d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。