×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×雑記:朝日の笑えない最新社説

時間ねぇーとか言った直後だけど、こんなおいしいネタを用意されたら食いつくしかないじゃないですか!ってことで、まずはこちらの朝日新聞の社説をどうぞ。asahi.comは数日もすれば社説が見れなくなっちゃうんで、画像でも一応残しておきます。[画像はこちら]

読んでもらえればわかると思うけど、この時代に書かれたとは思えないほどとにかく突っ込みどころの多い社説なんで、一つ一つ突っ込んでみたいと思います。まずはこちらから。

むろん、日本だけではない。戦火にさらされたアジアの各地に深い傷跡を残した。中国の犠牲者は、日本人研究者の推計でも1千万人を上回る。

ぼやきくっくりさんのところの過去の記事から引用させていただくと、

【抗日戦争における中国側被害者数の変遷】
 
 1945年  死者130万人(国民党発表)*1
 1945年  死者130万人(GHQ発表)
 1950年代 死者1000万人(共産党が政権を奪取した年代)
 1960年  死者1000万人(中国政府発表)
 1970年  死者1800万人(中国政府発表)
 1985年  死者2100万人(中国政府発表)
 1995年  死者3500万人(抗日戦争記念館による)
 1998年  死傷者3500万人(江沢民来日時のコメントによる)*2

だそうです。朝日の記者はどうやら1960年ごろの中国にいるようですね。また、今年の7月には戦死者は5000万人っていう記事が中共の機関紙に載ったそうな。一気にそれまでの1.4倍、最初の発表からだと実に38倍。
ていうかそもそも、日本人研究者って誰よ?もしかして1000万っていう数字が日本人の日中戦争研究者全員の総意とでもいうのだろうか?それ以前に「日本人研究者」って、「お料理研究家」と同じように名乗ろうと思えば誰でも(それこそ僕がこの場ででも)名乗れるわけだけど、そんな人の言うことを鵜呑みにしていいの?
とまぁ、この部分だけでも突っ込みどころが多い

「あの戦争のおかげでアジアの人々は植民地支配から脱したのだ」と、いまだに主張する人たちがいる。

『いまだに』のあたりに悪意がひしひしとにじみ出てます。ネットを情報収集に活用している人たちにしてみれば、『いまだに』じゃなく『ようやく』そういう人たちがたくさん出てきた、という感じなのだろうけど、まぁそれはさておき続く主張を見てみましょう。

だが、現在は親日的とされるインドネシアですら、高校生向けの歴史教科書は「わが国を占領したことのある国の中で、日本はもっとも残酷だった」と記す。それが実態だった。

そのインドネシアの教科書の中身の一部はこちらのページの一番下のあたりで見ることが出来る。この教科書がどれくらいの普及率を持っているのか、いつからいつまで使われていたのか、もしくは今も使われているのかなど、重要なことは一切書かれてないが、インドネシアの教科書にこの文章のような記述があることは多分本当なのだろう。
この社説を書いた朝日の記者も恐らく、このページかこのページで引用元として挙げられている本を読んでこの文章を書いたんじゃないだろうか。えーと、引用元は、と…

参考:
朝日新聞2005年6月18日「戦後60年 歴史教科書 戦争の記述は」
「世界の歴史教科書」(明石書店)
しんぶん赤旗

マッチポンプキターーーーーーーーーー!!!!
KO・U・HU・N☆
(ネタ元)

ちなみに、アジアの真実さんのこの記事では、旧日本軍の統治に対して肯定的な記述を載せているインドネシアの教科書を紹介しています。
どっちが本当なんでしょうね。多分どっちも本当なんでしょう。

都合のいい部分にだけ光を当てて戦争を正当化するような言動は、アジアの心ある人々を遠ざけるだけだろう。

引用ラスト。あえて突っ込みはナシで。

僕自身は、太平洋戦争やアジアへの侵略行為が正しかったことだとは全く思わない。
例え当時の日本が、独自の資源を持たず海外からの資源供給に頼り切っていたときに、その供給を不当に打ち切られたせいで、資源を求めて外に出て行くか何もしないまま自滅するかしか選択肢がなかったとしても、それは侵略行為を正当化する理由にはなり得ないし、その行為のせいで多くの人々の命を奪った事実は消えないだろう。
ただ、一連の戦争行為の結果として、それまで欧米諸国の植民地支配を受けていた東アジアの多くの国々が独立するチャンスを得たということもまた事実だし、その独立運動の原動力となった義勇兵を、理由はなんであれ日本軍が教育したということもまた事実なはずだ。それならば、『あの戦争のおかげでアジアの人々は植民地支配から脱したのだ』というのは言いすぎだとしても、『あの戦争の“結果として”アジアの人々は植民地支配から脱する“機会を得た”のだ』というのはなんらおかしくないのではないか?と僕は思う。

追記:最後に面白そうな朝日ネタをもう1つ見つけたんで置いておきますね。
つ[Irregular Expression: 朝日新聞が著作権を盾に個人情報晒し]

【関連サイト】
asahi.com :朝日新聞今日の朝刊-社説
http://www.asahi.com/paper/editorial20051208.html
【毎日新聞社会部 中村一成記者の捏造記事を暴き続ける】mumurブログ:【朝日社説】 歴史の都合のいい部分だけに光を当てるな
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50259115.html
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -: ロンドン同時多発テロに通じる、支那の日本恫喝。
http://nishimura-voice.seesaa.net/article/4919609.html
ぼやきくっくり::2005年11月03日
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?day=20051103
世界の歴史教科書における太平洋戦争の記述
http://www.geocities.jp/social792/siryou/kyoukasyo.html
アジアの真実:・アジア各国から見た太平洋戦争2(インドネシア)
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/11839865.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/210-ae7a4023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。