×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×雑記:Web2.0とは何か?

以前にFlockというブラウザのリリースを紹介したときにちょっと出た『Web2.0』という聞きなれない単語。今ネット界隈(の一部)ではこの『Web2.0』の話題でもちきりらしく、あちこちでこの言葉について色んな人が色んな意見を書いたりしている。実はFlockのエントリを書いたとき僕はこの言葉についてほとんど知らず、なんとなく「次世代のWebのフレームを表す象徴的な言葉なんだろうなぁ」程度の認識しか持っていなかったのだが、どうやらこれから先のウェブの世界ではこの言葉が重要なキーワードになっていきそうな予感がそこかしこで漂いまくっているので、今日は頑張って勉強してみることにする。


まず最初にWeb2.0について知るにあたって、都合のいいことにこの言葉の生みの親の一人であるTim O’Reilly氏が書いた論文の日本語訳がCNET Japanに掲載されていたのでそれを読んでみることにする。…やたら長い。しかもわかりづらい。が、頑張ってある程度やわらかくしてみる。
また、それ以外のWeb2.0を解説している記事なども参考にしつつ、以下にまとめていく。

・Web1.0の世界
今のネットの世界は、彼らが言うにはWeb1.0もしくはWeb1.5の世界なんだそうだ。
Web1.0とは静的、つまりほとんど目立った動きのない、まるで図書館のような世界で、ハイパーリンクでお互いが繋がりあっていたとしてもそこに何か新しい動きが起こるということは滅多にない。一度出来上がったサイトは頻繁に更新されることはなく、閲覧者がそこに何らかの情報を書き加えることでデータベースとして改良されていくということもない。また、Web1.5はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を利用することで、常に何らかの動きがあるダイナミックなウェブの形態であり、極端に静的な1.0と比較すると極端に動的であると言える。

・Web2.0の世界
これに対してWeb2.0は、そのどちらとも全く異なる新しい外殻の現出という一つの概念を表していると言えるかもしれない。つまり、ウェブ上のコンテンツを全てのユーザの共有物と捕らえ、常に新しい動きを加え続けることで改良を重ね、さらにそれらのコンテンツをシームレスに結合することによって、さらにプラスアルファの利便性を生み出すというこれら一連の流れがウェブの中に定着し、それらが当然のものとして受け入れられた世界。それが『Web2.0』の世界なのだろう。そして、これらのサービスは常にウェブをプラットフォームとしてユーザに提供される。
と言ってもなんだかよくわからないので、実際に“Web2.0的”なコンテンツとはどのようなものなのか、例を挙げてみよう。
Web2.0的であると断言できる最たる例はWikipediaだ。このサービスはまさにユーザの共有物としてウェブ上で公開され、常にユーザによって新たな改良を加えられ続けている。僕はWikipediaのビジネスモデルがどのようになっているのかは全く知らないが、ユーザの知識をそのまま反映することでサービスの質を極大化しようとするこの試みは、現時点で一定の成果を収めることに成功していると言って間違いないだろう。
また、その他の例としてはAmazonのレビューシステムやGoogleのPageRank、極端に言えばブログサービス全てがWeb2.0的であるとも言える。これらのコンテンツに共通していることは、ユーザの介入を可能な限り容認する、というか積極的にユーザの知識や体験、経験を自らのデータベースの構築に介入させ、あるときはユーザ自身の手によってコンテンツそのものを創出させ、その質の向上に役立てているという点だろう。例えばオープンソースで開発が進められているソフトウェアのように、より多くの参加者の手によって作り上げられるものがより優れたものであるという一つの信念がそこにはあるかのようだ。

・Web2.0の諸要素
Web2.0の中に含まれる要素はそれだけではない。というより、上述の要素はWeb2.0の中のほんの一部分に過ぎない。このWeb2.0要素MAPを見てもらうとわかる通り、Web2.0とは「Webはプラットフォームとなる」という戦略をコアとして、これだけの数の要素が複合的に組み合わさった概念なのだ。その中で特に上の部分に挙げられている7つのサービスが、現時点で考えられているWeb2.0の代表的なコンテンツだと考えられている。

・Folksonomy(民衆分類学):
厳密な学術的分類ではなく、ユーザの手によってラベリングされ分類されたもののほうがより使いやすく合理的であるという思想
⇒個人的に、これに一番近いのは実はエロゲ批評空間なんじゃないかと思った。

・Rich User Experiences(豊かなユーザ経験):
ブラウザ上で直感的に操作を行うことができるシステム
GoogleMapsを想像してもらうとわかりやすいかも。

・User as contributor(貢献するユーザ):
ユーザの体験・経験をコンテンツに反映させサービスを改良する
Amazonのカスタマーレビューが代表格。

・Long tail(ロングテイル):
ユーザセルフサービスの提供でロングテイルを取り込む
⇒これはよくわからん。ロングテイル(=死に筋商品)をユーザに発掘させて死に筋じゃなくさせる、潜在的な需要を喚起する、とかそういうこと?例として挙げられているのはGoogleAdsense

・Participation(参加):
ユーザ参加型、もしくはユーザがコンテンツを生成するようなシステム
⇒ブログ、mixiなど。ブログを単なる「ネット上の日記」と考えると「コンテンツを作る」という意識は芽生えにくいが、ブログで行えるのは単なる日記を書くことだけではない。

・Radical Trust(進歩的性善説):
集合知、知のオープンソース化
Wikipediaが代表。他ははてなダイアリーキーワードなんかもそうかも。知識の集合体は参加者が多いほどより質の高いものとなる。そして、それらのシステムは参加者の積極的な善性を前提にして初めて成り立つ。

・Radical Decentralization(進歩的分散化):
ネットワークの外部性、進歩的分散志向
⇒分散をよりいいものとして捉え直す考え方。WinnyなどのP2Pネットワークがこれにあたる。

これらのサービスが更に一般化していき、ウェブ内のいたるところに存在するようになった状態が「Web2.0の世界」なわけだ。また、これらの各コンテンツに共通している部分として、そのどれもがウェブ内で完結する「サービス」であるという点がある。つまりは、これまでの「ソフトウェア」のようにウェブとは全く関係のない部分から提供されウェブなしでも機能するものとは違い、決められた形を持たずなおかつウェブとは切っても切り離せないコンテンツであるということ。そしてそれこそが、Web2.0の中心的戦略として位置づけられている「ウェブをプラットフォームとする」ということだ。

・結論、Web2.0とは
Web2.0とは何か、という問いに対して、明確な答えを提示できる人は恐らくいないだろう。それほどこの新しい言葉が持つ概念は難解で、複雑で、広範囲なものだ。
だが敢えてなんらかの方向性を提示するとするならば、それは「人間(ユーザ)が今よりさらにウェブに介入することで、より質の高いサービスが提供される世界」という言葉で表すことができるかもしれない。ネットワークの強化やコンテンツのコンポーネント化、サービスモデルの単純化などは結局はユーザの介入を進めるための一手段に過ぎないし、サービスを提供する側が如何に高品質なデータベースをコアコンピタンスとして保有したとしても、そこにさらにユーザからのプラスアルファの情報が加えられないことにはナンバーワンたりえない。全てはユーザにかかっているのだ。
利用者が同時に開発者であり、提供者であるという概念。現実世界では到底実現しえないようなこの概念が、ウェブ上であればいとも容易く実現してしまう。つまるところWeb2.0とは、僕たちとネットとの関わりがこの先にそのように大きく変容していくという、その幕開けを告げるとても明確な合図なのだろう。

最後にO’Reilly氏が挙げる「Web2.0と自認する企業に必要な7つの項目」を引用しておく。
・パッケージソフトウェアではなく、費用効率が高く、拡張性のあるサービスを提供する
・独自性があり、同じものを作ることが難しいデータソースをコントロールする。このデータソースは利用者が増えるほど、充実していくものでなくてはならない
・ユーザを信頼し、共同開発者として扱う
・集合知を利用する
・カスタマーセルフサービスを通じて、ロングテールを取り込む
・単一デバイスの枠を超えたソフトウェアを提供する
・軽量なユーザインタフェイス、軽量な開発モデル、そして軽量なビジネスモデルを採用する

【関連・参考サイト】
Web 2.0:次世代ソフトウェアのデザインパターンとビジネスモデル(前編) - CNET Japan
http://japan.cnet.com/column/web20/story/0,2000054679,20090039,00.htm
Web 2.0:次世代ソフトウェアのデザインパターンとビジネスモデル(後編) - CNET Japan
http://japan.cnet.com/column/web20/story/0,2000054679,20090424,00.htm
Web2.0とは? - Web1.5 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]
http://blogs.itmedia.co.jp/web15/2005/08/web20_8a41.html
FPN-ニュースコミュニティ- WEB2.0はネット・コミュニティの春の訪れか?
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=837
FPN-ニュースコミュニティ- Web2.0 とは -7つの分類と要素MAP
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=863
切込隊長BLOG(ブログ) - 「Web 2.0」とやらについていけない人、集まれ!!
http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2005/11/10_075947.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/191-6d50dd2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。