×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×レビュー:Fate/hollow ataraxia

B000ANGXMGFate/hollow ataraxia 初回版(DVD-ROM)

TYPE MOON 2005-10-28
売り上げランキング : 1
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はい、エロゲーです。18歳未満の人は購入しないように。

簡単に言うと、2003年の始め頃に発売されたFate/stay nightというADVのファンディスク。なので当然、前作をプレイしていない人はこのソフトをプレイしてもほとんど意味不明なのでオススメしない。
単なるファンディスクに2年半も製作期間をかけるというのは前代未聞だが、そのぶん中身は期待を裏切らない出来になっていると言って間違いない。達成率100%までの総プレイ時間は約25時間程度。前作がテキスト主体のほぼ一本道ADVで50時間とかいうありえないテキスト量だったのに比べれば、ボリューム的には幾分大人しめに思えたかな。

全体の流れは4日間の限られた枠の中を何度もループするというどこかで見たようなもの。4日を乗り越えるたびにフラグが継承され、フラグが埋まってくるとまた新しいイベントが発生し、新しいイベントをクリアすることでまたフラグが埋まり…を繰り返すことになる。
お話の舞台は当然冬木市。前回の聖杯戦争終結から5ヵ月後になぜか突如再開してしまった聖杯戦争の謎を追っていくことになる。が、イベントのほとんどは何てことない日常生活だったりして、そのあたりはさすがにファンディスク。バトルシーンや暗いエピソードも少なめ。間にいくつかミニゲームも挟まっている。

以下個人的な感想を(多分ネタバレなし)。
まずグラフィックはいつも通り素晴らしい。背景とか塗りとかエフェクトとか、細かい部分にまでこだわって描かれているなーというのがひしひしと伝わってくる。また特筆すべきなのは演出。立ちキャラが動きまくったりするのは言うに及ばず、時にはテキストウィンドウの形まで変えたりと、「どれだけ手間かかってんだこれ」と思わず考えてしまうほど細部まで作りこんである。100点。
音楽は個人的な好き嫌いがあると思うけど、僕自身は割りと気に入った。というか、場の雰囲気を壊すような違和感が全くなかったので、作り手の狙い通りにちゃんとできているのではないかなと思う。OPEDテーマは結構普通。全部まとめて80点くらい。
シナリオは「これぞファンディスク」というくらいのデキ。前作はかなりシリアスな場面が多かったのに対して、それをまるまる補うくらいギャグシーンが豊富で、前作ではあまり感じることができなかった「日常生活」を中心に話が展開するのも嬉しいところだ。そしてそれとは別に大きなストーリーの流れがあり、そちらは打って変わってシリアスそのもの。閉ざされた4日間を引き起こしているのは誰か、再開された聖杯戦争の行方はどうなるのかなど、謎解きのような楽しみも味わえる。ホロウのオリジナルキャラクターは二人で、どちらもそのシリアスサイドのストーリーに深く関わってくる。他のメンバーに負けず劣らずかなり濃いキャラクターだ。ただ、あえて難を言うならそのシリアスな部分の掘り下げがやや浅い気がした位か。95点。

歌月なんかと比べると全体的にヌルいシナリオだった感は否めないが、ファンディスクなんでこれくらいのほうがいいのかな、と思う。また、各イベントの連続性があまり感じられず、ブツ切れになってしまうのも構造上仕方ないのかも。前作のように、短期に集中して一気にクリアするのではなく、何日もかけてだらだらプレイするのがいいと思う。

とまぁ、ほぼベタ褒めの評価。前作を楽しめた人ならまず間違いなくプレイして損することはないソフトなので、オススメしておく。

【関連サイト】
TYPE-MOONオフィシャルホームページへようこそ!
http://www.typemoon.com/
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/184-3432ddf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。