×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.11:SpywareBlaster

ツール名:
Spyware Blaster

種類:
アンチスパイウェアソフト

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア(Pro版シェアウェア有)

配布元:
Javacool Software[http://www.javacoolsoftware.com/]
DownloadsからSpywareBlasterを選択、ミラーはどこでもOK。
DLサイズ2.4MB(ver3.3)

インストール容量:
3.27MB

機能:
Spybotと同じく、フリーで使えるスパイウェア撃退ソフト。特徴的なのは、常駐するのではなくPCを起動するごとにバックグラウンドでチェックをしてくれるため、起動していることすら気づかないほど動作が軽いということだ。Spybotと同時に使用すれば、PCをスパイウェアからほぼ完全に守ってくれる頼もしい盾となることは間違いない。
残念ながら日本語で利用することはできないが、設定はそれほど難しくないのでさほど問題はない。ちなみに自動アップデートは有料版のみとなるため、フリーで使うなら自分で定期的にアップデート処理を行うことを忘れないようにしよう。
使用法:
インストール後に起動すると、英語のチュートリアルが開く。Nextを押すとどんどん次の画面が現れるので、最後まで進もう。
チュートリアルが終了したら、まずはデータベースを最新のものに更新する作業から始める。左側のUpdateの項目を選択し、Check for Updatesをクリック。そうすると自動的にデータが更新される。この作業は定期的に行う必要があるので注意。
次にProtectionの項目を選択し、真ん中のやや下の方にあるEnable All Protectionをクリックすれば、スパイウェアプロテクションが有効になる。基本的な設定はこれで完了。あとは勝手にスパイウェアからPCを守ってくれる。
SBs.jpg
(クリックで拡大)

Protectionの項目の上半分はインターネットに関する防御だが、ここのFirefoxの項目がFirefoxをインストールしているにも関わらず有効になっていない場合がある。これはDesktopSidebarの時と同じで、ユーザー名が2バイト文字になっているせいなので、DSの項目を参照して直してほしい。

感想:
英語のソフトながら、設定は非常に簡単でわかりやすいためとても扱いやすいのがいい。また機能は必要最小限ながら、非常に動作が軽く安定している。自動アップデートがなく手動で定期的にスパイウェアデータを更新しなければならないのはやや手間だが、Spybotでカバーできない部分の補完を行うソフトとして、インストールしておいて損はないと思う。

【関連サイト】
Javacool Software
http://www.javacoolsoftware.com/index.html
The Primary Stage 初心者から初級者へ(スパイウェア対策の
ところでSpywareBlasterについて解説されている)
http://www.geocities.jp/primarystage/index.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/18-031ba2c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
問題な日本語
もう春ですね、それでは早速ベストセラー行きますか<総合> ... 週間ベストセラー[2005/04/02 04:02]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。