×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.46:コレピク

ツール名:
コレピクてすと版

種類:
デスクトップ常駐型オンラインゲーム

個人的評価度:
★★★★

形態:
フリーウェア(要登録)

配布元:
コレピク公式サイト[http://www.collepic.jp/]
トップページ『今すぐ無料登録!』から登録後、指示に従ってDL。
DLサイズ16.5MB

インストール容量:
30MB

機能:
デスクトップ上の小さな画面の中の自分の部屋を箱庭感覚でドット絵アイテムで飾ったり、他のプレイヤーと名刺を交換することで交流を広げていくという、一風変わったオンラインゲーム。
プレイヤーは犬のような謎の生物『袴田さん』を操り、ゲーム開始と同時に与えられた自分用のスペースを、様々なアイテムを配置することで自分なりにデザインしていく。また、他の参加者の部屋を見に行ったり、アイテムを売買することもできる。他にもプレイヤーができることは結構多く、自分でドットを打ってアイテムを作ったり、作ったアイテムを売ったり、手紙を送ったり、掲示板つきの自分のホームページまで持つことができる。感覚としてはMixiに近いかもしれない。
使用法:
基本的な遊び方は公式サイトの解説ページを見てもらうのが一番早い。が、結構内容が多くいきなり全部読むのは大変なので、簡単に遊び方を紹介しておこう。

piku1.png
散歩中の画面(実物大)

まず最初にプレイヤーは自分用のスペースと5000ピク(お金)をもらうのだが、はじめは部屋というよりはただの野原になっている。そこで、村役場に行って家を建てるところから始めてみよう。村役場への行き方は解説ページの一番上に書いてある通り。ただし、必ずしも家を建てなきゃならないというわけではなく、中には野原のままの状態でスペースを飾っている人もいる。

この時に自分の家の前にある掲示板についての簡単なチュートリアルが聞けるので、一緒にプロフィールの設定を行っておくといい。

家を建てると、最初は何もなくガラーンとしている。このままでは寂しいので、散歩に出かけて名刺やアイテムを集めたいところだ。ただ、その前に自分の名刺の設定を行っておいたほうがいい。
名刺の設定ができるコントロールパネルは、右上3つのアイコンの真ん中をクリックすれば開く。ここで手紙を受信作成したり、名刺やアイテムの管理をしたり、部屋にアイテムを配置したりすることになる。左上のアイコンで画面を切り替えることができるので、まずは左から二番目の名刺画面を選択する。次に、名刺ホルダータブから名刺編集タブに切り替え、自分の名刺の編集を行おう。

pik2s.png
名刺編集画面

あとは袴田さんが勝手に散歩に出かけてくれるまでただ待つ。しばらく放置していれば、袴田さんはあちこち歩き回っては名刺を集めたり、お金やアイテムの入った宝箱を拾って来てくれる。プレイヤーはその名刺などから他のプレイヤーを知り、その人の家を訪ねてその人が出品しているアイテムを買ったりしてどんどん部屋を飾っていくという流れだ。
ちなみに、メインウィンドウのタイトルバー左の家のアイコンをクリックすると、そこから画面サイズなどの設定を変更できるようになっている。しばらく放置して宝箱や名刺を集めたいときは一番小さい4分の1サイズにしておけば邪魔にならないだろう。また、画面左上の一番右のアイコンをクリックすることで設定画面を開くことができる。こちらも同様に、しばらく放置しておくときは『会話を自動で進める』と『看板の前を自動的に通り過ぎる』にチェックを入れ、時間を1秒に設定しておくとよい。

アイテムの中にはプレイヤーが作ったものと、運営側が用意した『オフィシャル品』の2種類があり、前者はすごく安く後者ははものすごい高い(具体的には、前者が0~20ピク程度で後者が1000~50000ピク)。そのため、プレイヤーが大金を手にするためにはオフィシャル品を拾ってきて売ることが一番の近道となる。
ただ、残念ながらというか当たり前だが、オフィシャル品を袴田さんが拾ってくる確率はとても低い。気長に地道に、袴田さんを散歩させ続けるようにしよう。

以上がコレピクの基本的な遊び方。袴田さんに散歩してもらって、アイテムや名刺を集め、いろんな人の家を訪ね、気に入ったアイテムがあれば作成者の家に行って購入し、部屋を飾り…を繰り返すことになる。また、それ以外にも、
・自分でアイテムを作る
・看板を立てる
・手紙を送る
・掲示板に書き込む
などなど、できることは結構多い。積極的に交流して、知り合いを増やすこともできる。

pik3.png
マイルーム

感想:
かなり面白い。好きなアイテムを集めるというコレクション的な楽しみ方、部屋を自分好みに飾っていく箱庭いじりのような楽しみ方、できた部屋を他の人に見てもらうという自己満足的な楽しみ方、色んな人との交流を広げる楽しみ方など、様々な楽しみがミックスされていて、いい感じにまとまっている。
またドット絵をうまく取り入れることで、参加者が気軽に自分好みのアイテムを作れたりするのもいい。部屋が自分好みのアイテムで埋まっていくのはかなり壮観だ。
ただ、自分でドット絵を打てない人がそれなりのお金を貯めるためには、ひたすら袴田さんを散歩させまくってオフィシャル品を拾わせて売る必要があるので、PCを起動している間はコレピクも起動しっぱなしにしておくくらいのことをしないと、なかなかお金は貯まらない。そのため、端っこで起動させていても気になるほどの重さではないにしろ、ある程度のCPUやメモリを食うので、低スペックのPCユーザーには少々抵抗があるかもしれない。逆に、ハマりすぎて夜寝てる間や昼間でかけてる間まで、コレピクのためにPCを起動しっぱなしにしてる人もいそうだけど。
あとはもう少しコミュニケーションツールをしっかりと作って欲しいな、と思った。手紙を送ったり、掲示板に書き込みを残したりできることはできるのだが、直接的に相手と会話できる機能がないので、いまいち相手との距離が縮まりにくい。
現在はまだてすと版ということで、正式サービス時にはさらに機能や容量が増えたりするようなので、期待して待ちたい。

あと、教えてくれたあくありずむ。2の中の人、ありがとう。

【関連サイト】
コレピク(公式サイト)
http://www.collepic.jp/
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/179-b680fe98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。