×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.10:Desktop Sidebar

ツール名:
Desktop Sidebar

種類:
サイドバー系デスクトップツール

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Desktop Sidebar公式サイト[http://www.desktopsidebar.com/]
Downloadの項目からダウンロード可能。
DLサイズ9MB(ver1.04.75)

インストール容量:
17MB

機能:
WindowsXPの次のOSと言われている、Microsoft社が開発中の次世代OS"Longhorn"に搭載が予定されている新機能、DesktopSidebarを一足早く体感することのできるソフトウェア。
デスクトップの端っこに様々な機能を持ったサイドバーを表示、そこからメディアプレイヤを操作したり、ニュースを読んだり、天気予報やアナログ時計を見ることができたりと、便利な機能をいくつも手軽に利用することができるようになる。
使用法:
公式サイトより本体をDLしてインストール。Desktop Sidebar(以下DS)起動後、一番上のSidebarと書かれたパネルで右クリック→OptionでDSの基本設定を行うことができる。
まずは言語を日本語にしてみよう。GeneralタブのLanguageでJapaneseを選び、一度DSを再起動すれば日本語化される。その他の設定は日本語化すればわかるはずなので、省略する。
それではDSに搭載されている基本的な機能から説明していこう。特に難しい設定なしに手軽に利用できる機能は以下の通り。

・アナログ時計
 アナログ時計は特に何もしなくとも自動的にOSの時計に合わせ
 られているはず。
・Weather
 天気予報はパネルを右クリック→パネルのプロパティを開き、
 天気を知りたい都市名を英語で入力すればネット上から
 天気情報を取得してくれる(自分の街が見つからない場合は
 近くの大都市を入力しよう)。
・Slide Show
 天気予報と同じように右クリック→パネルのプロパティから、
 スライドショーで表示したい画像が入っているフォルダを
 指定し、スライドする時間、表示方法などを選択すればOK。
・Quick Launch
 ドラッグ&ドロップでショートカットを追加すればよい。
・Windows Media Player
 WMPの操作を行うことができるパネル。WMPが起動していない
 状態で一番左のボタンを押せばWMPが起動する。WMPをDSに
 格納したいときは閉じるボタンを押せばいい。動画を再生中に
 格納すれば、DS上の小さな画面で動画を見ることができる。

以上の他にも、WinampやVolコントロールなどのパネルもある。パネルの追加はSidebar上で右クリック→パネルの追加から。
続いて、少し設定が難しいパネルについて説明しよう。

・System Performance
 自分が使用しているPCの状態をグラフで表示するパネル。
 CPU、メモリ、ディスク、スワップファイルの各使用量や、
 アクティブなアプリケーションやディスク空き容量まで、
 様々なファクターを表示できる。追加ボタンで表示したい
 項目を選び、編集でグラフのタイプやサイズを選べばOK。
・News Room
 RSSリーダーでニュース項目を読み込み表示させるパネル。
 DSをインストールするとIEのツールバーにXMLというボタン
 が増えているので、ヘッダを取得したいページでXMLボタンを
 押せば自動的に購読リストに追加してくれる。表示方法の
 設定はパネルのプロパティから行うことができる。
 ex)Mainichi-INTERACTIVE
 Stackパネルでは他にもMSNメッセンジャーやスケジュールの
 管理も行うことができる。

以上がDSで利用できる大まかな機能。しかし実際にこれを全部サイドバーに埋め込もうとすると、パネルのタイトルを押せば収納されるとはいえ縦1200ドットあってもとてもまだ足りない。この中から厳選して、6つ前後くらいに収めるのがいいだろう。
DS-DTs.jpg
(クリックで拡大)

次に、プラグインとスキンについて。DSも他の多くの優良ソフトと同じように、プラグインで機能を拡張したりスキンで外見を変えたりできる。スキンはデフォルトでいくつか入っているが、さらに数種類のスキンを公式ページからダウンロードできる。
プラグインも同じく公式ページに置いてある。トップページ左の枠内に大き目の文字で書かれてあるThe Extension Exchangeをクリックすれば、スキンとプラグインのリストが表示される。ちなみにその文字の下のほうには各ランキングが書かれている。
スキンはプレビューがあるのでわかりやすいが、プラグインは説明が全て英語なので少々大変だ。翻訳サイトなどを利用して目当てのプラグインを探してみよう。

スキンやプラグインはDLしたファイルを直接実行すれば自動的にインストールされるのだが、その際に*.installが含まれていないというエラーが表示され、インストールできない場合がある。
これは少しやっかいで、恐らくWindowsのユーザ名が2バイト文字(全角文字)になっているせいだと考えられる。
[C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ]の○の部分がもし全角文字なら、それが原因ことだ。これを1バイト文字に変えれば解決する。
現在のユーザアカウントだけで名前を変更するのは難しいので、
次のような方法をとろう。

1.まず現在のアカウントAとは別に、1バイト文字のアカウントB
 と適当なアカウントCの2つのアカウントを新規に作る(両方に
 管理者権限は持たせておくこと)
2.Bのアカウントに一度ログインしてログオフする
3.Cのアカウントにログインし、Aのアカウントの状態をBの
 アカウントへコピーする作業を行う
4.Bのアカウントを使ってプラグインやスキンをインストールする
(ここから先はしてもしなくてもOK)
5.B、Cのアカウントを消去する

アカウントのコピー作業については、w2k:使用法ヒント様の真ん中やや下にある「あるユーザーの環境を他のユーザーでも使いたいのですが」と「Documents and Settings 以下のユーザーフォルダ名を変更したいのですが」を参照するか、こちらのサイト様を参照してほしい。これで恐らく解決するはずだ。
ユーザー名を変更した場合、ユーザーフォルダをターゲットにしたプログラムの一部が動作しなくなることがあるため、
インストールは1バイトアカウント、使用は2バイトアカウントと使い分けるのがいいと思う。ちなみにコピー作業を行う前にマイドキュメント内のファイルを他のフォルダやドライブに移動させておいたほうが作業がすばやく行える。

感想:
率直な感想を言うと、とても面白いソフトだと思った。日常的に行うメディアプレイヤーの使用をとても簡略化できるし、意識せずにニュースや天気、スケジュールなどを目で追える。クイックランチャーも簡素ながら使いやすいし、少し難しいが他のアプリケーションを埋め込むことだってできてしまう。
特に面白かったのがスライドショーで、ハードディスクに保存したまま眠らせがちな画像ファイルを、何の手間もなしに次々に閲覧できてしまう。WMPのミニ窓再生も面白い。
一度使い始めるとなかなか手放すことのできない中毒性があり、PCライフを大きく変えてしまう力を持ったソフトだと言える。
ただ全ての機能を満足に利用しようと思うとそれなりのマシンパワーが要求される上、1600*1200くらいの解像度がなければその力を完全に発揮することは難しいだろう。
広めのデスクトップを持っている人にオススメしたいソフトだ。

【関連サイト】
Desktop Sidebar Home Page
http://www.desktopsidebar.com/
w2k:使用法ヒント
http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/hints.html#992
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/16-35cfdd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
デスクトップ サイドバー
突然のトラックバック申し訳ありません。失礼かとは思いましたが、似ている記事なのでトラックバックさせていただきました。もし、不適切なようでしたら削除してください。 アフィリエイトの帝王・資格キング 管理人の日記[2005/04/12 23:29]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。