×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.42:Picasa2

ツール名:
Picasa2

種類:
デジカメ画像管理編集ソフト

個人的評価度:
★★★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Google - Picasa公式サイト[http://picasa.google.co.jp/]
トップページ右上の「Picasa をダウンロード」よりDL。
DLサイズ3.93MB

インストール容量:
20MB

機能:
大手インターネット検索サイトを運営するGoogleが提供する、無料の高性能画像管理・編集ソフト。Jpg、TIF、Bmp、Gif、PSD、Png、RAWフォーマットなどの画像フォーマットやAVI、MPG、WMV、ASFなどの動画フォーマットに対応している。
HDD内の全ての画像をサムネイル表示するライブラリ形式で管理でき、さらにスライドショーなどによる閲覧、明るさやハイライト調節などの画質修正、ラベルによる管理、コメントの付加、CD・DVDへの書き込み、セピアやモノクロなど様々なスタイルに一瞬で変換できる機能など、従来の画像管理・編集ソフトを全て統合したかのような豊富な機能を併せ持っている。
またタスクトレイに常駐することでHDD内の監視を常に行い、新しい画像ファイルが追加されれば即ライブラリに反映させることができるなど、使いやすさの面でも優れている。インターフェイスが非常に綺麗なのも特徴。
使用法:
Picasa2本体をDLして実行、インストールすると、最初に起動したときにHDD内の画像ファイルをライブラリにインポートするかどうか聞かれるので、HDD内の画像全てを登録するか、マイドキュメントなど特定のフォルダ内のファイルだけを登録するかを選ぶ。
画像ファイルの追加・削除を監視するフォルダは後からでも変更できるので、特にこだわりがなければHDDの全ての画像ファイルを登録しておいて問題はないだろう。
この選択が終わると、ライブラリに次々とHDD内の画像ファイルが登録されていく。持っているファイルの数が多いと結構時間がかかるので、のんびりと待とう。

・基本画面

Picasaのライブラリ画面は3分割されたものになっている。
PC1.jpg
ライブラリ画面(クリックで拡大)

まずウィンドウ左側に、「コレクション」と呼ばれるフォルダカテゴリで分けられた、画像ファイルの入ったフォルダがいくつも並んでいる。これは基本的に時系列ごとに並んでいて、一番上が最も新しく、下に行くほど古いフォルダになっている。
コレクションは自分で新しく作ることができ、パスワードをかけることも可能だ。

次にウィンドウの大部分を占める部分として、各フォルダに含まれる画像ファイルや動画ファイルなどをサムネイルで表示するスペースがある。各画像はフォルダごとにまとめられ、タイトル部分のフォルダアイコンをダブルクリックすることでエクスプローラでフォルダを開くこともできるし、それ以外にも右側の「アクション」から様々な機能を使うことができる。
また、各サムネイルをダブルクリックすることで画像の閲覧・編集画面へ移ることができる。この画面についての説明はまた後ほど。

最後にウィンドウ下部にあるのが、選択した画像を管理する画像トレイ部分だ。スペース左端にある画像トレイには複数の画像ファイルをドラッグ&ドロップでストックすることができ、いくつもの画像をまとめて印刷したり、メールで送ったり、ラベルづけしたりできる。
また、スペース左上のバーを動かすことで、サムネイルの大きさを変更することもできる。

次に、ライブラリ画面でサムネイルをダブルクリックしたときに開かれる、画像の閲覧・管理画面について説明していこう。
PC2.jpg
閲覧・編集画面(クリックで拡大)

まず画面右上部分に選択した画像ファイルが大きめに表示される。その上部には次の画像や前の画像に移動するための矢印アイコンが、そして下部にはコメント欄がある。
画面左側には画像の編集を行うためのボックスが用意されている。編集には基本編集、調整、効果の3つのタブがあり、それぞれのタブで画像を様々に編集することができる。この部分については実際に見て試してもらったほうがわかりやすいだろう。
ウィンドウ下部はライブラリと同じく画像トレイだが、右上に3つほどボタンが増えている。左と真ん中の二つは画像の表示サイズを決めるもので、一番右は画像のヒストグラムとカメラの情報を表示する。
ライブラリに戻るときはウィンドウ左上の「ライブラリへ戻る」ボタンから。また、同フォルダ内のファイルをスライドショーで見たければそのとなりの「スライドショー」ボタンを押せばいい。

・機能

Picasa2には他の画像管理・閲覧ソフトにはないような独特な機能がいくつか備わっている。
タイムライン機能はライブラリ画面上部にある「タイムライン」ボタンを押すことでスタートする機能で、各フォルダを時系列でグラフィカルに表示し、直感的に目当てのフォルダの場所を探すことができる。
ギフトCD機能は、自分で作成したスライドショーをCDにライティングすることで、簡単にスライドショーCDを作成することができる機能。
コラージュ機能を使えば選択した画像を使って様々なハメコミ画像を作ることができる。
他にもGoogleが提供しているメールサービスGmailの利用者であれば、ボタンひとつで簡単に画像を送ることができたり、同じくGoogle提供のブログサービスBloggerで作成したブログに画像を簡単にアップできたりするなど、Googleサービスを利用している人に嬉しい機能も備わっている。

・設定

設定はデフォルトの状態から特に変更する必要のある項目はないが、ファイルの関連付けの部分でpngファイルとgifファイルがなぜかチェックされていないのでその部分だけ直しておこう。

感想:
動作が結構重く、もっさりしていることを除けば、デジカメ画像を閲覧・管理するアプリケーションとしてはほぼ最高のソフトだろう。画像の管理しやすさ(ラベル・コメント・スターの付加)や編集機能の多さ(基本編集・調整・効果)など、他の画像管理ソフトとは一線を画していると言っていい。このレベルのソフトをフリーで提供できるのだから、Google恐るべしだ。
ただあえて注文をつけるとするなら、左側のフォルダ表示欄をツリービュー形式で表示できるようにして欲しかったのと、フォルダの移動をドラッグ&ドロップでできるようにして欲しかったところだろうか。それ以外は(重さを除いて)概ね満足できる。
基本スペックがそれなりに高いPCであれば普通の画像管理ソフトとしても十分な機能を発揮すると思うので、デジカメ以外の画像が多いという人や、すでに使い慣れたデジカメ画像管理ソフトがあるという人でも、一度このPicasa2を試してみてはいかがだろうか。

【関連サイト】
Picasa(公式サイト)
http://picasa.google.co.jp/
INTERNET Watch - グーグル、画像管理ソフト「Picasa2」日本語版を無償公開
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/09/20/9192.html
窓の杜 - Google、デジカメ画像を時系列で管理できる「Picasa」v2の日本語版を無料公開
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/21/picasa2jp.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/156-b7903c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。