×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.34:SysMetrix

ツール名:
SysMetrix

種類:
システムパフォーマンスモニタ

個人的評価度:
★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Xymantix Online[http://www.xymantix.com/index.html]
左端のバーにあるSysMetrixを選び、表示されたページの画像のすぐ下にあるDownload Pageをクリック。その後SysMetrix Installationを選ぶ。
DLサイズ5.19MB(ver.3.40)

インストール容量:
6.7MB

機能:
システムパフォーマンス情報をデスクトップ上に表示するソフト。メモリ消費量やCPU消費量、アナログ時計など様々な情報を表示する。
特徴的なのはテーマ(スキン)のクールさと多様さで、デフォルトで10種用意されている以外にも多くのテーマが配布されている。また、適用したテーマによって、ハードディスクの残り容量の表示やメールチェック、Winampのコントローラなどの機能が増えたりもする。
残念ながら日本語には対応していない。
使用法:
本体をDLしたのち、ダブルクリックでインストール。最初に起動したときはこのような状態で表示される。
SMx.jpg
(クリックで拡大)

設定を行うにはSysMetrix上で右クリックしSysMetrix Configurationを選ぶ。
左端のツリービュー一番上にあるTheme Browserを選択すると、現在登録されているテーマが一覧表示される。右側にプレビューが表示されるので、自分の好みのテーマを選び、Loadボタンを押せばスキンが変更できる。

Theme Browserより下にあるPreferenceでは、SysMetrix全体の設定を変更できる。
基本的に変更する必要はないが、E-Mailチェックを利用したいならEmail Accountsを選び、自分の設定を登録する必要がある。各項目は以下。

Description:適当に入力
Server:メール受信サーバ
Login:ユーザー名
Password:パスワード
Check Server Every:何分ごとにメールチェックを行うか
Run this program on~:自分が現在使用しているメールソフトを参照する

これらを入力した後、右下にあるCheck Nowボタンをクリックし、上手く作動すればOK。

その下にあるTheme Settingsでは、各テーマごとの動作の設定を行える。テーマによって変更できる項目とできない項目がある。もしテーマの表示に気に入らない部分があればここで変更してみよう。

SysMetrixのテーマはデフォルトで10種類が登録されているが、それ以外にもたくさんのテーマをdiviantARTwinCustomizeなどで探すことができる。自分のデスクトップのデザインに合わせたものが必ずあるはずなので探してみよう。

感想:
システムパフォーマンスモニタとして充分な機能を持っている上、多くのスキンを選ぶことができるのは高ポイント。個人的には、貧弱なKonfabulatorのシステムパフォーマンスWidgetの代用として使えるのではないかと思う。
ただ問題なのが、メールアカウントを登録しても一度再起動するとなぜか設定が変なところで切れてしまうバグがあること。これはかなり致命的で、このせいでメールチェック機能は現状ほぼ使えない。早く修正されることを願うばかりだ。あと、スキンによってはかなりリソースを食ってしまうのも、低スペックPC使用者にはきついかもしれない。

追記:僕の環境では、解像度の変更を必要とするアプリケーションをフルスクリーンで起動すると、元のデスクトップ画面に戻ろうとしたときに画面(というかPCそのもの)が固まる現象が必ず起こる。恐らく、一部のスキンの透過処理が原因と思われる。

【関連サイト】
Xymantix Online
http://www.xymantix.com/index.html
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/118-7f689561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。