×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.22:AveDesk

ツール名:
AveDesk

種類:
Docklet系デスクトップツール

個人的評価度:
★★★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Aqua-Soft Forums[http://www.aqua-soft.org/board/index.php?]内の以下のAveDesk1.2ページよりDL可能。
[http://www.aqua-soft.org/board/showthread.php?t=23384]
ページ下方のDownloadの項目から好きなミラーを選べばいい。
DLサイズ1.9MB(ver1.2)

インストール容量:
5.2MB

機能:
デスクトップ上に、Deskletと呼ばれる多機能アイコンを表示するソフト。他にも、iTunesと連動して演奏中の曲のジャケットを表示できる、AveTunesという音楽プレイヤーを使用する機能もある。
Deskletはショートカットアイコンとしての機能だけではなく、ショートカット先のフォルダやドライブの残り容量や使用率、ゴミ箱に格納されているファイルの数やサイズを表示する機能を持っている。また、通常icoファイルしか利用できないWindowsのアイコンと違い、MacのDockと同じようにpngファイルを利用することができるため、非常に見た目にも綺麗なデスクトップに変えることができるようになる。ちなみに日本語に対応している。
使用法:
Aqua-Soft Forumから本体をDLして解凍する。できたフォルダ内のAveDesk実行ファイルをダブルクリックするとAveDeskが起動する。最初にAveDeskを起動したときは何も表示されていない状態なので、まずはアイコンを作成するところからはじめよう。タスクバーにAveDeskのアイコンが表示されているはずなのでそれを右クリック、AveDeskのコントロールパネルを開く。すると、白い何もないウィンドウが開く。その白い枠内で右クリックし、追加するを選ぶと、デスクトップに追加するDeskletの種類を選択するウィンドウが表示される。選べるDeskletの種類は以下の5種類。

・FTP:
アイコン上へドラッグ&ドロップで簡単にFTPサーバにファイルをアップロードできるアイコン
・Notes Desklet:
メモ用のしおりアイコン
・PidlShortcut:
メインとなるショートカットアイコン
・Puzzle:
16面パズルアイコン。お遊び用
・Speak:
テキストをドロップすると、合成音声で喋ってくれるアイコン。
お遊び用
また、同DLページにあるAveTunesをDLしてインストールすることで、iTunesDeskletという項目が追加される。

この中で最もよく使用するのが3番目のPidlShortcut。それではまず、My ComputerアイコンをAveDeskを使ってデスクトップ上に作ってみよう。PidlShortcutを選択してMycomputerを選び、右下の「追加する」ボタンをクリックすれば完了。My Computerやゴミ箱は簡単に追加できるが、問題はそれ以外のショートカットだ。

それでは、デスクトップ上にCドライブのショートカットを表示し、さらに残り容量をラベルとして表示する方法を説明する。

まずPidleShortcutをクリック。そして右下の「追加する」ボタンをクリック。すると大きなアイコンがデスクトップに表示されるので、アイコンを右クリックしてDeskletのプロパティを選択する。するとアイコンの設定画面が開く。それでは、以下にCドライブアイコンにするまでの設定手順を書く。

・外観タブ
 ・タイトルにMy Computerと入力
 ・アイコンのサイズを自分の好きなサイズに変更する
 ・画像を設定ボタンを押し、自分の好きなアイコンを選択する
 ・透過度、回転角度などは自分の好きなように
・ラベルタブ
 ・タイトルの項目で、My Computerという文字のフォントや影の設定を行う
  同時に、タイトルに背景をつけたい場合はそれも選択しておく
 ・補助ラベルの項目では、例えばドライブの残り容量などのサブ情報の文字についてのフォントや影の設定を行う
 ・配置位置と回転の項目で、タイトルや補助ラベルの細かい表示位置を決定する
 ・位置とサイズの項目で、タイトルや補助ラベルの大まかな表示 位置を設定する
・高度設定タブ
 ・ここは自分の好みで設定
・Label Format
 ・補助ラベルの表示内容を決定する
  詳しい説明は下に書いてある。残り容量を表示したい場合は「%f」と入力
・Iconタブ
 ・アイコンの表示設定
・Shortcutタブ
 ・Pathの項目で参照するドライブのアドレスを入力する
  Cドライブを参照したいのなら「C:/」と入力すればよい

これでCドライブアイコンの完成だ。PathやIconを変えることで他のドライブやフォルダ、アプリケーションのショートカットを追加することができるので、色々と試してほしい。pngアイコンは→の
LinkにあるdeviantARTなどで手に入れることができる。
ADs.png
様々な設定を行った状態(クリックで拡大)

AveDeskをPCを起こしたと同時に起動したい場合は、AveDeskコントロールパネルから設定を選び、AveDeskの設定ウィンドウを開き、その他タブで「AveDeskをスタートアップする」にチェックを入れればいい。その他のAveDeskの設定についてもその窓内で行える。

AveTuneについては、同ページ内のDownloadの真下の項目のリンクから直接DLしてインストールすればOK。

感想:
まず動作が軽いことにとても驚いた。起動していてもほとんどメモリを食わないし、表示が重くなるということも全くない。また、アイコンにHDの残り容量などを表示できたり、綺麗な画像が多いpngアイコンを利用できたりと、まさにいいことづくめといった感じ。AveTunesはiTunesベースのため、WinampやWMPを普段使用している人にとっては使いづらいかもしれないが、アイコン表示機能だけでも充分利用する価値はある。デスクトップをスッキリかっこよくしたい、という人はぜひ導入してもらいたい。パズルやスピークアイコンはお遊び程度で。

(追加)
番外編ということで、AveDeskの発展的な機能の解説を追加。
Neo's Archives Vol.22番外編:AveDesk特集

【関連サイト】
Aqua-Soft Forums - AveDesk1.2
http://www.aqua-soft.org/board/showthread.php?t=23384
AveX - AveDeskの解説サイト
http://ezch.org/Ave/
DockEX.COM(Deskletが多数DL可能)
http://www.dockex.com/?pageId=home
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/111-48e46de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。