×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Vol.7:Firefox

ツール名:
Firefox

種類:
多機能タブブラウザ

個人的評価度:
★★★★

形態:
フリーウェア

配布元:
Mozilla Japan[http://www.mozilla-japan.org/]
トップページ上部のGet firefox欄内、無料ダウンロードから。
DLサイズ4.6MB(ver1.01)

インストール容量:
15MB

機能:
多様な機能と豊富な拡張性を備えたインターネットブラウザ。
ブラウザと言えばWindowsに標準で付属しているブラウザ、Internet Explorerが有名だが、IEはお世辞にも機能が豊富とは言いがたい上、多くのセキュリティホールがあり、利便性にも安全性にも問題を抱えているのが現状だ。そのため、現在ブラウザの乗り換えブームが起こっている。
このFirefoxも、たくさんあるブラウザの中の選択肢の一つで、もともとはMozillaという名前だったが、そのブラウザ機能部分を独立させるにあたってFirefoxと名称が変更された。
ポップアップブロックやタブブラウジングなどの人気の機能から、柔軟なカスタマイズ性や拡張性、IEからの基本データの引継ぎもスムーズに行えるなど、数あるフリーブラウザの中でも抜群の性能を誇っている。なお、本体は日本語に対応しているが、拡張機能のほとんどは残念ながら日本語には対応していない。
使用法:
まず公式ページより本体をDLし、インストール。インストール中他のブラウザから設定を引き継ぐか聞かれるので、引き継ぐ場合は引き継ぎたいブラウザを選んでおく。
インストールが完了すれば、自動的にFirefoxが起動する。
FFs.jpg
初回起動時の状態(クリックで拡大)

ではまず、基本的な設定から行っていこう。
Firefoxの設定は、メニューバーのツール→オプションで行う。ポップアップのブロックは無効になっているため、ブロックしたいのであればチェックを、また開いているページが1つならタブバーを表示しないようになっているので、常時表示したいのであれば詳細タブの「開いているサイトが1つだけのときはタブバーを隠す」のチェックをはずしておこう。他はデフォルトの状態でほぼ問題ないだろう。

Firefoxは最初の状態では他のブラウザと大きくは変わらない。その真価を発揮するのは拡張機能(Extension)を追加した時だ。拡張機能はMozilla Update[https://addons.update.mozilla.org/]
や個人サイトなどから手に入れることができる。
また、有志によって作成されたいくつかの日本語の拡張が
Firefoxまとめサイト[http://firefox.geckodev.org/]で入手できる。
このサイトはFirefoxについて公式ページ以上に詳細にまとめられていて、各拡張の機能なども日本語で説明されているので、欲しい機能があればまずここで探してみるのがいいだろう。
拡張機能のインストールの仕方は非常に簡単だ。ネット上で.xpiファイルをDLしようとすると、自動的にインストーラが開き、機能が追加され、次回起動時には使えるようになっている。拡張機能の設定はメニューバーのツール→拡張機能から行う。

それでは早速、いくつかの拡張をインストールしてみよう。
 ・マウスジェスチャー機能
 ・DLマネージャの機能の拡張
 ・右クリックメニューの拡張
  この設定は少し難しい。まず最新版をHide Away Firefox
  から入手しインストールする。続いてまとめページに
  置いてあるスクリプトのセットをダウンロードして解凍する。
  できたフォルダをFirefox本体のフォルダなどの適当な場所へ
  移動させ、あとはツール→拡張機能からJavaScript Actionsの
  設定画面を開き、Script Folderの欄に先ほど移動させた
  スクリプトの入ったフォルダを指定すればよい。
  これで右クリックメニューにActionsの項目が追加され、
  ページの翻訳などのいくつかの機能が使えるようになる。

Firefoxには他にもたくさんの便利な拡張が作られているので、まとめサイトなどを参考に、自分の使いやすい機能を備えた自己流のブラウザにカスタマイズしていこう。

最後に、Firefoxの外観を変更するテーマについて説明しよう。
テーマとは、いわゆるスキンのことで、Firefoxの見た目を大きく変える力を持っている。テーマのインストールの仕方は拡張とほぼ同じで、ネットから.jarファイルをDLしようとすると、テーマをインストールするか聞かれるので、OKを押せば自動的にインストールされる。
なお、テーマの変更はツール→テーマから行い、変更後はFirefoxを再起動しなければ反映されないので注意。
テーマはMozilla Updateなどから入手できる。

それではオススメのテーマをいくつかピックアップしてみよう。
 ・Charamel
 ・Qute
 ・Opera 7 Standard
 ・Apollo
FF-Cs.jpg

Charamelを適用したFirefox(クリックで拡大)

感想:
Firefoxは独自の描画エンジン"Gecko"を採用しているのだが、描画速度はIE6.0のそれよりやや早いと感じた。オープンソースにすることで可能となった豊富な拡張機能やフェースのカスタマイズ性、そして安定性と描画速度と、IEとは比較にならないくらいに高い性能を持っているようだ。
使いこなすには時間がかかるかもしれないが、本当にFirefoxの機能をフルに活用することができるようになったとき、きっとFirefoxに変わるブラウザを見つけることができなくなるだろう。
唯一不満があるとすれば、テーマの数がやや少なめなことと、完全に表示できないページが少しあるくらいだろうか。

【関連サイト】
Mozilla Japan
http://www.mozilla-japan.org/
Mozilla Firefox まとめサイト
http://firefox.geckodev.org/
Mozilla update
https://addons.update.mozilla.org/
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://neoblog.blog6.fc2.com/tb.php/11-f740ca1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。