×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×言葉ノート - 文学1 - パラドックス

エピメデスのパラドックス:
『クレタ人のエピメデスが言った。「クレタ人はみな嘘つきだ。」』
いわゆる自己言及のパラドックスと呼ばれるもの。自分自身を対象に含めてしまうことによって発生する矛盾を指す。この場合であれば、「クレタ人は全員嘘つきである」ということが真であればエピメデスの言葉は嘘となるので、「クレタ人は全員嘘つきである」という言葉も嘘、つまり偽ということになり、逆の場合でも同様に矛盾が発生する。

ベリーのパラドックス:
19文字以内で記述できない最小の自然数を求めるとしたとき、「19文字以内で記述できない最小の自然数」は「19文字以内で記述できない最小の自然数」という19文字で記述できてしまうので、最初の定義に合致せず矛盾してしまう、というもの。

囚人のパラドックス:
ある刑務所で、ある死刑囚に対して死刑の執行が告知された。死刑執行人はその囚人に対して、「月曜から金曜までの間のうち、お前が予測できない曜日に死刑を執行する」と告げる。それを聞いた囚人は考えた。「金曜日に死刑になることはありえない。なぜなら、木曜日まで刑が執行されずに生きていれば、自分は金曜に死刑になることを予測できてしまう」またしばらくして、囚人は考えた。「木曜日に死刑になることもありえない。なぜなら、金曜日に死刑になることはありえないのだから、水曜日まで自分が生きていれば木曜日に死刑になることを予測できてしまう」以下同様に、水曜日についても、火曜日についても、月曜日についても死刑が執行されるはずのないことに、ついに囚人は思い至った。「やった。つまり自分の死刑は執行されることはないのだ」
やがて月曜日になった。死刑執行人が現れ、囚人の死刑を今から執り行うことを告げた。囚人は「どの曜日で死刑が行われても自分はそれを予測することができる。よって死刑が行われるはずがない」と抗議したが、執行人は「だがお前は今日死刑が行われることを予測できなかったではないか」と答えた。そうして囚人の死刑は執行された。

アキレスと亀のパラドックス:
ギリシャ神話に登場する俊足の英雄アキレスと、ある亀が競走をすることになった。ただし、同じ条件で競走したのでは到底亀に勝ち目はないので、亀はアキレスにハンデとして数m前からスタートさせてくれるように頼み、アキレスもこれを了承した。すると亀は、アキレスはこれで絶対に自分を追い抜けなくなった、と言い放った。
その理由はこうである。スタートの合図と共に両者が走り出し、アキレスが亀がスタートした地点までたどり着いたとする。そのとき亀はその間にある程度の距離、例えばA地点まで進んでいるはずだ。その後亀のスタート地点を通り過ぎたアキレスが、さらに走ってA地点までたどり着く。すると亀はさらにその間にまた少し先のB地点まで進んでいる。アキレスはさらに走りB地点に到着する。亀はその間にC地点まで進む。アキレスはC地点へ。すると亀はその間にD地点に。以下繰り返し。
このように、アキレスが如何に亀に追いつこうとしても、亀がいた場所まで走っている間の時間に必ず亀は前に進んでいるので、両者の距離は縮まりこそすれ永遠に追いつくことはできない、ということだ。
もちろん実際にこんなことは起こり得ず、亀は簡単にアキレスに抜かれてしまうはずだ。

タイムパラドックス:
別名親殺しのパラドックス。もしタイムマシンなるものが完成した場合、それを使って過去に行き、自分の親を殺すとどうなるか。自分を生むはずの人間が死ねば自分は存在しなくなるが、自分が存在しないということは自分に殺されるはずの親は死ぬことはなくなり、結果自分は存在してしまう。
余談だが、ドラえもんで「地球破壊爆弾」なるものが出てきたとき、「これをタイムマシンで過去の地球に持って行って炸裂させたらどうなるんだろう」と子供のころひたすら考えたことがあったなぁ。

誕生日のパラドックス:
ある部屋に無作為に人を集めるとき、何人集めれば「同じ誕生日を持つ人がいる確率」が50%を超えるか。1年が365日あることを考えると、かなりの数を集めなければならなさそうだが、実はたった23人集めるだけでよい。
このパラドックスは、「矛盾」という意味のそれではなく、直感的な回答に反した答えを持つ問いのことを意味する。

パラドックスに関する雑考:
アキレスと亀のパラドックスは、古代ギリシャの哲学者ゼノンが考え出したもので、空間や時間の無限分割により起こるパラドックスである。無限という概念を扱おうとすると、どうしてもその性質から様々な矛盾点が出てきてしまう。それを突くことで、ゼノンは「万物は一からなる」というパルメニデスの主張を崩そうとした。このように、無限や永遠といった一種の反則のような概念は、実際のものとして捉えなおすと途端に手に負えなくなる性質を持っている。
例えば、数直線上の0.9の地点に点を打ち、それを0.99、0.999、0.9999と回数nにつき0.9*0.1^nずつ前に進めていく、という動作を無限回行うと考えたとき、点は永遠に前に進み続けるにもかかわらず、永遠に1に到達することはない、という矛盾が顕れる。
また、“永遠の命”というものを授かった人間がいるとすると、その人間が“永遠の命”を本当に授かったかどうかを確認する術は存在せず、ただその人間が死んだときにのみ「その人間は“永遠の命”を授かっていなかった」という事実が確認できるのみである、という矛盾も考えられる。

タイムパラドックスについては、多世界解釈を用いることで回避が可能であると言われている。多世界解釈とは、簡単に言えば世界は可能性によって無限に枝分かれしているという考え方で、シュレーディンガーの猫に代表されるような量子力学の矛盾を説明するための一解釈である。SF的に言うと、「こうなる可能性もあった」というパラレルワールドが無限に存在しているということだ。この解釈を使用すると、タイムマシンを使って過去に行き、自分の親を殺したとしても、「自分の親が死んだ場合の世界」が新たに生まれるだけで、自分が生まれた世界には何の影響も及ぼさないということになる。
ここでも無限という概念が登場するが、ここでの無限は正確には限りがないというわけではない。なぜなら、この世界に存在する確率事象は膨大な数には上りこそすれ、果てしなく多いというわけではないからだ。なので、平行世界の数は有限なはずなのだが、それでも無限に近いくらいたくさん、ということに変わりはなさそうだ。

上記以外のもので思いつくパラドックスとしては、「無生物から生物は生まれないはずなのに、なぜ原始地球上に生命は誕生することができたのか」や、「全ての結果には原因があるという因果律を考えた場合、では全ての始まりとなる原因はどうやって起こったのか」などの、“始まりに関するパラドックス”も考えてみるとなかなか面白い。
スポンサーサイト

× 生存報告 (BlogPet)

きのうはneoは更新したかもー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Leo」が書きました。

×雑記:いまさら郵政民営化ファイナル

去年の総選挙の一大争点でありながら、半年後にはすでに過去のものとして忘れ去られた感のある郵政民営化。僕も同様にカンペキに忘却の彼方にあったんだけど、大学の講義の期末レポートで「郵政民営化についてのメリットとデメリット、及び自分の意見をまとめろ」というものが出たので、ついでにブログのネタにしてしまおうと思います。今更是非を説いても意味のないことではあるけど、一応総まとめということで。
レポートなんでいつもと口調が違うのは気にしない方向で。あと長かったんで微妙に要約してあります。
続きを読む

×生存報告

ここ最近更新が滞ってますが生きてます。
別に何が忙しいとかいうわけでもないんですが…食指が動くネタがないというかなんというか。まぁパンヤにハマってるせいもありますが。
個人的に、ブログは書きたくもないときに無理やり書いても意味がないモンだと思ってるんで、もし楽しみにしてくれてる人がいたら(いるのか?)申し訳ないですが、やる気が沸き起こるまでもうしばらくお待ちください。

×雑記:民主党なにやってんの

Sankei Web - 堀江被告、武部氏側へ送金指示? 民主・永田議員が指摘
asahi.com - 民主、新たな証拠示さず 双方が懲罰動議も メール疑惑

民主党がまた根拠が良くわからない疑惑を持ち出して自民党を攻撃し始めたようだ。
今回のネタは、ライブドア問題に関連して、去年の選挙戦のときに武部幹事長から応援を貰う代わりに、武部氏の次男に3000万円を振り込むよう堀江容疑者が指示したメールが見つかったとかなんとか。この疑惑を言い出した民主党の永田議員は、「情報元の身の安全のために具体的な根拠は提示できない」と言いつつも、「このメールの指示が実施されなかった形跡は無い」として武部幹事長を非難した。

とりあえず、昨日今日とこの一連のニュースを見ていて民主党のアホさ加減に頭が痛くなった。この間の鳩山氏の投資事業組合と自民党議員の関連疑惑発言でもそうだったが、民主党は根拠を示さずに相手を非難するという体質が染み付いているのだろうか?
あたりまえのことだが、なんらかの疑惑があって、それを元に相手を問いただしたいのなら、まずはその疑惑が確かなものであるという具体的な証拠を提示する必要がある。「悪魔の証明」という言葉で有名だが、ある事柄の存在の有無を論じる場合、それが「ない」ことを証明するのは「ある」ことを証明することと比較してとても難しい。「ある」ことを証明するにはただ一つの重要な証拠を示せば事足りるが、「ない」ことを証明するためには全ての可能性についてそれが「ない」ことを証明しなければならないからだ。
まして、今回のような「ある」とする側が「ない」とする側を一方的に責め立てる場合においては、なおさら「ある」側にその立証責任があるのは明白だ。だが、今日の委員会での永田議員と小泉総理とのやりとりを見ていると、永田議員はその「ある」ことの証明方法すら、自分たちが攻撃しているはずの自民党側に「知恵を貸してくれ」と頼んでいる始末。これでは何がしたいのかすらわからない。
その具体的なやりとりについてはガ島通信さんの記事を見て欲しい。

民主党は、委員会の場を「政治的パフォーマンス会場」か何かと勘違いしているように見えてならない。
耐震偽造事件でもそうだったが、国会や委員会の場でできる調査や追求なんてたかが知れている。本当に刑事事件にまで発展しかねないような重大な事件であれば、検察などに情報を提供してそっちに捜査してもらうのが一番いいはずだ。検察であれば情報元の秘匿もしてくれるだろうし、慎重に捜査を進めるだろう。
なのに、今回の事件ではそもそも東京地検にすらその情報は行っていなかった。これでは、民主党は本当にこの疑惑を解明したいのか、それともただ単に目立つ場で自民党を攻撃したいだけなのかわからなくなってくる。

今回の件では、攻撃対象に民間人である武部氏の次男も含まれているという点で非常に性質が悪い。もしこの疑惑が真実であったとしても、具体的な根拠を提示しないまま一民間人の名誉を毀損するという行為は到底許されるものではない。
また、くだらないパフォーマンスのために予算委員会という国政の重要な場を利用し、停滞させ、国民の利益を損ねた罪も大きい。民主党のこのような姿勢は、野田国対委員長の

こういう形で本日、環境委員会、総務委員会、本会議と、日程が一日ずれた分、2月3日から本予算の審議をしたいという政府与党の思惑が崩れて、実質的には最低3日は、ずれたということは、序盤としては大きな成果だったと思います。この流れを、ぜひしっかりと緊張感をもって持続していきたいと思っています。
(衆議院議員 野田よしひこ 発言より引用)

という言葉にも表れている。また、具体的根拠を示さず相手を非難するという姿勢は先の鳩山発言と合わせてより明確になった。

疑惑があるのなら、それをはっきりさせるために努力するということは間違いではない。だが、民主党はその努力を行う前に、委員会というテレビパフォーマンスに都合のいい場所を利用して、相手の心象を悪くするためだけに子供っぽい口撃を行っているようにしか見えない。
ある疑惑について相手を攻撃したいのなら、まず根拠を示せ。示せないなら示せるよう努力しろ。努力もせずに攻撃しようとするな。そしてそれに委員会を利用するな。
ここ最近の民主党を見ていると、二大政党制や政権準備政党という言葉が、本当に虚ろに見えてくる。

×Vol.7番外編:Firefoxプラグイン特集

去年の11月にver1.5にメジャーバージョンアップし、順調にシェアを拡大しているFirefox。フリーの多機能ブラウザとしては、国内ではSleipnir2OperaLunascapeなどと比較されることが多いが、Firefoxの最大の特徴は、Extensionと呼ばれる各種プラグインによる機能の拡張だ(FirefoxではExtensionとは別にJavaやFlashなどを表示するための追加機能をPlug-inと呼んでいるため、厳密にはプラグインと呼ぶと紛らわしくなるのだが、ここではプラグイン=Extensionと考えてもらいたい)。
そこで今回は、Firefoxを使いこなすならこれだけは入れておきたい、というプラグインや、一部の人にはすごく使える、というちょっとマニアックなプラグインなどをまとめてみた。

【情報元サイト】
Mozilla Updates
https://addons.mozilla.org/?application=firefox
Firefoxまとめサイト
http://firefox.geckodev.org/
窓の杜 - 「Firefox」プラグイン特集 第1回 第2回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/02/17/firefoxplugins.html
続きを読む

×雑記:Mixi論

京大生の就職活動 - mixiなどのSNSについて…
mixiに気をつけろ!
mixi によって発生する承認疾患の病理
何故認められなければならないか
【辞めるの?】正直、mixi疲れたスレ8【続くの?】

各所でMixiに関する記事が多く書かれているようなので、便乗してちょっと駄文を一つ。かなり長文なので注意。また、人によってはすごい不快感を催すような文章なので、Mixiにハマってる人にはあまり読まないでもらいたい。
続きを読む

×雑記:女性天皇問題3

今回でついに3本目となる女性天皇問題(女系天皇問題)関連の雑記も、恐らくこれで最後となるかもしれない。理由は言うまでもなく、秋篠宮妃紀子さんのご懐妊だ。39歳という年齢のため母体への負担が心配されるところだが、何はともあれめでたいことだ。

Sankei Web 社会 秋篠宮妃紀子さま、第3子ご懐妊
皇室典範改正案、今国会提出は慎重判断…首相軌道修正 : 政治 : YOMIURI ONLINE
asahi.com: 紀子さまご懐妊、祝福 「コウノトリが運んだ」

さて、現時点ではまだ妊娠6週目ということで、当然ながら男児か女児かというところまでは判明していない。
もし生まれる子供が男児だった場合、継承順位第一位の現皇太子の徳仁親王、第二位の文仁親王に次ぎ、第三位の継承権を得ることとなる。実質的に即位確定というわけだ。そうなれば、少なくとも皇統断絶の危機はこの先数十年は訪れないこととなり、現時点であれやこれやと議論する必要もなくなる。全て丸く収まりパーフェクト。面倒ごとは孫の世代にまかせよう。
逆に女児だった場合は、状況は今までと全く変わりない。また愛子さんを即位させるかどうかという女性天皇問題と、愛子さんの子供を即位させるかどうかの女系天皇問題の二つが協議され、国民の多数が望むような形に議論が帰結するのだろう。

僕自身の意見は、何度も述べてきたように、女性女系天皇容認派だ。だが、別に積極的に皇室典範を改正していくべきだと言っているわけではなく、現在目の前にある皇統断絶の危機を乗り越えるための方法論としては、旧宮家の復帰や養子よりはこちらのほうが好ましい、という意見だった。なので、今回の懐妊によって男児が誕生すれば、当然ながら皇室典範をわざわざ変える必要があるとは思わない。
また、小泉総理が皇室典範の改正を今国会で成立させようとしていたことについても反対だった。問題が日本という国の根幹に関わるものだけに、国民的な議論の高まりと理解の深まりを十分に待ってから、党議拘束などをかけずに自由に採決を行うのが筋だと思うし、また今国会での成立を急ぐ理由もない。なぜ小泉総理がこの問題にこだわるのかが理解できなかった。反対だった、というのは、今回のご懐妊報道を受けて、小泉総理が方針を転換し、今国会での改正案の提出に慎重論を唱えだしたからだ。これにより議論が尽くされないまま改正が行われるということもなくなり、一気に問題が解決しそうな勢いとなった。

様々な報道にもあるとおり、新年の歌詠みでお二人がコウノトリに関する歌を詠まれるなど、今回のご懐妊はかなり意識されてのものだろうという感じはひしひしと伝わってくる。もしお二人が、各所での議論をご覧になって今回のことを決意されたのであれば、日本国民の一人として頭の下がる思いだ。生まれてくる子供の男女に関わらず、母体と子供が健やかであることを祈りたい。

ただ、今回のことで一つ気になったのは、様々なブログが関連した記事を書いている中で、あたかも今回のことが何か大きな意思が働いた結果だと言わんばかりの記事がいくつかあったことだ。確かにタイミングを考えるとあまりに絶妙すぎて、ふとそういう考えが浮かんでしまうのは仕方のないことかもしれないが、あまりに天皇の存在を神格化しすぎたり、日本が神の国であると思い込んだりするのは、下手な方向へ向かえばかなり危険だなと思ってしまった。気をつけねば。

×Vol.56:FlyakiteOSX3

ツール名:
FlyakiteOSX3

種類:
シェルパック

形態:
フリーウェア

個人的評価度:
★★★★★

配布元:
FlyakiteOSX公式サイト[http://osx.portraitofakite.com/]
HEREのリンクをクリックすると、全画面表示でFlyakiteのデモが表示される。Entry your nameに適当な名前を打ち込んでログインし、画面上部のタスクバーのDownloadsからFlyakiteOSXv3.0を選び、表示されたウィンドウから好きなミラーサイトを選択してDLする。
DLサイズ29.3MB

インストール容量:
不明

機能:
インストールするだけでWindowsの環境を完全にMacOS風に変更してくれるソフトのバージョンアップ版。
旧バージョンからの大きな変更点は、WindowsにはなくMacにはあるいくつかの特殊な機能を、代替のソフトウェアを利用することで再現していること。ver2.0にもあったiColorFolderやObjectDockはもちろん、タイトルバーを右クリックすることでウィンドウを収納する機能をWinRollで、またAlt+Qでアクティブウィンドウを閉じる機能をHotkey Toolで、そしてSpotlightをSearchSpyとGoogleデスクトップで再現し、さらにはMac風のコントロールパネルまでTiger System Preferences v2で使用することができる。
また、その他の細かい変更点としては、ブート画面がグレイバックに黒い林檎だったものがブラックに白抜きの林檎に変更されたり、MSNメッセのスキンが7.5に対応していたり、VisualStyleのTigerのデザインも多少変更されている。また、v2ではログイン画面に使えないボタンが2つ配置されていたのが撤去されたり、いくつか新しいアイコンが追加されているなど、地味な点でもしっかりとバージョンアップしている。
続きを読む

×Vol.55:Bootskin

ツール名:
Bootskin

種類:
ブート画面変更ツール

形態:
フリーウェア

個人的評価度:
★★★

配布元:
Stardock Corporation[http://www.stardock.com/]
左側のProductsを選び、真ん中あたりにあるWinCustomizeのリストからBootskinのDownloadをクリック。あとはDownload nowを選ぶ。
DLサイズ943KB(ver1.05a)

インストール容量:
2.1MB

機能:
WindowsXPのブート画面(ログイン画面ではないので注意)を変更することができるソフト。デフォルトで用意されているスキンは少ないが、フリーのスキンがdeviantARTやwinCustomizeなどで大量に配布されているので、自分の好みのブート画面が見つかるだろう。
続きを読む

×[ネタ庫] 06/02/03

ハッピービーンスローイングデイ!(適当)
期末テスト11回、期末レポート6本という地獄のロードもあと少し、ようやく余裕が出てきたよ!
これからは少しはまともに更新できると思うんで一つコンゴトモヨロシク。

【画像】nyaじゃないwan (pya!)様より
(*゚∀゚)どっちでもかまわん!

【画像】揚羽雲 (pya!)様より
すげー、絵になる

【画像】本物の木製iPod (everything is gone)様より
めちゃ欲しい

【画像】前後を知らなくてもそれだけで笑える漫画特集
2番目の誤植で盛大に噴いたwwww

【画像】テレビのキャプ画像スレ (everything is gone)様より
>>68と>>184がツボ

【画像】デスノコラ「盗聴」 (朝目新聞)様より
うめぇwwww
かなり昔にONバトで同じようなネタ見たことあるな

【2ch】帰ってきた最強の武器トンファー (ワラタ2ッキAA)様より
トンファー大好き

【2ch】レ→ミ→オ→ロ→メ→ンでこなああああゆききききききいいいい (Escapism)様より
関連:ふなああああああむしいぃぃぃぃ (オタク女的らくがきブログ!)様より
関連:粉雪のガイドライン (神霊K・B・Y・Sが1体出た!)様より
この曲がこんなに流行るとはww

【2ch】んだぁん?おまえら・・・ヲタクなんだろ~? (2chニュー速VIPのブログ系な何か)様より
意味がわからんwwww釣りか、釣りなのか

【2ch】暗 い 彦 麻 呂 (【2ch】ニュー速クオリティ-VIP-)様より
うわぁ…笑いの第二次世界大戦や…

【2ch】トリップを本名に書いて一致したら同姓同名\(^o^)/ (煙いブログ)様より
VIPブログで晒されてさらに多くの人に見られることに

【2ch】美容院に詳しい奴ちょっと来い(前編)(後編) (煙いブログ)様より
なんて素直でかわいい>>1なんだ

【2ch】タイラント・ハバネロ (煙いブログ)様より
関連:japonisme - 親日家の外国人、世界に誇れる日本のものなどに関する話題@2chログ
アメリカにはあのデスレインがあるじゃないか…!

【解説】ワロス曲線
関連:1ドル950ウォン台に突入 (mumurブルログ)様より
ヤバいことにならなきゃいいんだけど

【情報】受身な人の心理状態Wiki (俺ヘッドライン)様より
これ当たってルーーー!完璧に僕はウケミンだわ。タイプは複合ウケミンだな。

【情報】細木数子の占いの顛末
そろそろ太木に改名したらどうですか

【情報】再インストの前にこれをバックアップしろ!!
おお、コレは便利だ。もしものときの参考にさせてもらおう。

【解説】「大衆は無知であれ!」 - メディアが作り上げる知の格差とマッチ・ポンプ (デジモノに埋もれる日々)様より
関連:ネットとの提携、融合? あり得ないよ?氏家 齊一郎 日本テレビ放送網取締役会議長
まぁ、大衆が無知だってのは遥か昔から言われてることだし、それを利用してメディアがお金を稼いできたというのはいまさら言うまでもないことだし、それは個人個人の情報収集能力と処理能力に限界があるからどうしようもないことではある。ただ、ここ最近のインターネットの発達によって、個人でも比較的簡単に情報を手に入れやすい環境が整うにつれ、徐々に大衆が知識を得、能力を高めていっている状況が生まれ、それがマスメディアの既得権益を脅かしている、というのが現状なわけだ。当然マスメディア側からすれば面白いわけがないし、インターネットなんて敵同然に見ているだろう。だから融合とか提携という発想が生まれてこない。
インタビューを読んでると、氏家氏は『堀江君の構想のようなものは、メディアに対する無知を表しているんじゃないですか。』と言っているが、彼自身もインターネットというものに対して無知なんじゃないかと思えてくる。恐らく彼の頭の中には常にテレビや新聞といった既存のメディアの情報しかなく、これから10年、20年すればネットがそれらマスメディアと同等の影響力を持ちうる時代が訪れるとは微塵も感じていないのではないか。このインタビューからは、マスメディアの危機感とか切迫感のようなものが全く伝わってこない。
ま、一言でまとめると、「氏家頭古いな」ってことかな。

【解説】民主党スペシャルギロチンブーメラン伝説 (Irregular Expression)様より
関連:民主党自爆事件 (ADON-K@戯れ言)様より
年明けから政界を騒がせてる3つの問題を、とくダネで「BLT(BSE、Livedoor、耐震偽装)」っていうまとめかたしてて上手いこと言うなぁと思った。さて、その3点セット+防衛施設庁の談合事件で小泉総理を攻め立てる民主党だが、どうも見ている側からすると「なんだかなぁ」っていう感じに映る。
まずBSE問題だが、この問題を持って内閣の責任を追及できると思った民主党の考え方がわからん。何度も言われてるように、輸入牛肉に脊柱が混入していたのは確実にアメリカ側に全責任があるわけで、発覚と同時に全面輸入禁止の措置を下した内閣の判断はむしろ評価できる。
最近では、中川農水大臣が事前に調査団を派遣するという閣議決定を守らず輸入再開の翌日に派遣していたのは問題だ、という方向に方針転換しているが、「輸出検査がちゃんと行われているか」の調査を輸入開始前に行ってどうやってしろというんだ。そんな案に閣議決定を出したことは内閣の間違いだが、それを責めるのではなく、閣議決定を守らなかったから脊柱が混入したんだと言わんばかりの民主党はちょっと頭がどうかしてるとしか思えない。
次にライブドアの堀江容疑者逮捕に関わる、2005年の選挙での応援に対する批判だが、これは確かに自民党が非難されても致し方のない問題ではある。堀江容疑者を信頼する、というリスクを負って選挙戦略に利用する、というリターンを得たわけだから、リスクが発動したときに責任を負うのは当たり前だ。
だが、民主党の一連の非難を見ていると、どうしても「お前らが言うな」と思ってしまう。現に去年、民主党は党内の現役議員から逮捕者を出している。そしてそれに対する責任は誰も取っていないのだ。果たして、今回の女性にへの暴行事件に対する責任を民主党はどう取るつもりなのか、楽しみにしたい。選挙で応援しただけの、公認も出していなければ当選もしていない人間の逮捕に対して幹事長に辞任しろと言うくらいなのだから、当然鳩山か前原のどちらかは辞めるんだろう。
そして最後、耐震偽装の問題だが、これはもはや民主党はこの問題を解決して被害者たちを助けたいと思っているのではなく、ただ単に自民党を攻撃したいだけなように思えてくる。特に馬渕議員の委員会での話などを聞いていると、問題の根が政治家の関与にあるという方向へ話を誘導したいのが見え見えで、この問題を政局に利用しようとする魂胆が透けていて気持ちが悪い。
確かに問題の一端が政治の内部にあるのなら、それを解明していくことは重要だが、それは何も民主党が行うことではない。マスコミは派手に国会で証人喚問をやってもらったほうがネタになるから盛んに煽り立てているが、その結果開かれた小嶋社長の証人喚問では結局大した事実は出てこなかった。事件の解決は餅屋に任せておけばいいのではないか。

と、ここまで民主党非難、自民党擁護のようなことを書いてきたが、僕は何も「自民党は何も悪くない」と言ってるわけではない。ライブドア問題に関しては確実になんらかの責を負うべきだし、その他の問題でももし自民党に何らかの問題があるなら適正に対処すべきだ。
だが、今の一連の動きを見ていると、民主党は余りにも的外れな、見ていて失笑すら漏れそうな非難ばかりを繰り返し、事実関係の解明よりも自民党を攻撃することばかりに注力し、国民の利益を大きく損ねているように思える。民主党が早くこの典型的野党体質から抜け出し、二大政党の一翼を担えるような政党になってくれるように願いたい。

つーか、ぶっちゃけ鳩山がウザすぎる。「武部辞任しろ」にしろ、「具体的根拠はないが投資事業組合に自民党議員が関わってる」にしろ、久々に攻撃材料が得られたからといってはしゃぎすぎ。政治センス0だな。

×IE7Beta2リリース

窓の杜 - 【NEWS】タブ切り替えやRSSに対応した「Internet Explorer 7」Beta 2が一般公開
MS、IE 7のベータ版を一般公開--「Quick Tabs」などの新機能を搭載 - CNET Japan
IE 7 Beta 2が公開ベータテスト、一般利用者もダウンロード可能

マイクロソフトがInternetExplorer7のベータ2をリリース。一般公開されなかったベータ1と違い、今回は一般の人も試用することができる。ただし英語版のみ。
窓の杜の記事にもある通り、IE7からはタブ機能やRSS機能など現在多くのブラウザで取り入れられている機能がようやく付加され、ツールバーに検索ボックスが表示されたり、起動時に変な効果音が鳴るようになった。また、XPSP2をインストールしている場合は起動時にセキュリティのチェックが行われ、セキュリティレベルに不安がある場合は警告してくる。
軽く使ってみた感想としては、とりあえず機能は追加してみたけど使い勝手はイマイチ、という感じ。タブやRSS機能は他のブラウザではついてて当たり前という状態なので、プラスアルファの機能がどれだけあるかがポイントなのだが、デフォルトの状態では(ベータ段階で評価するのは酷かもしれないが)SleipnirやFirefoxから乗り換えたいと思うような機能は見当たらなかった。履歴の一括削除やWebページのサムネイル表示はそれなりに使えそうではあったが。
インストール時の注意点としては、IE7は英語版なので、当然IEコンポーネントを利用したSleipnirのようなソフトは影響を受ける。具体的には右クリックメニューが英語表記になるなど。また、インストールするときに復元ポイントを作成させられたり、OSの再起動も必要となる。
Firefoxに最近押され気味とは言え、まだまだ全世界で85%ものシェアを持つIEだけに、これから更にユーザのことを考えた機能が追加されることを期待したい。

IE7B2.jpg
IE7使用画面(クリックで拡大)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。