×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Firefox3とOpera9.5

 てなわけで、ついにブラウザ界の二大巨頭(?)、FireFoxとOperaのメジャーバージョンアップが出揃いましたよ!
 僕は元々はおぺらーだったんだけど、昔使ってたPCでOperaが原因と思われるブルースクリーンが頻発するようになってからはFirefoxに乗り換え、それからかれこれ3年くらいFirefoxを使ってきた。Firefoxは最初は色々と面倒なものの、一度自分の使いやすい環境を整えてしまうとなかなか他に乗り換える気が起こらない、という恐ろしいブラウザで、PCを買い換えてOperaのブルースクリーン問題が解決してからもなかなかOperaに戻ろうという気にはならなかった。
 ただ今回、Opera9.5がなかなかにできがいいという話を聞いて、とりあえず久々にインストールしてみつつFirefox3使い比べて、あわよくば乗り換えてしまおうという考えのもと、これらの最新ブラウザの使用感などをまとめてみたいと思う。

Firefox日本公式サイト
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/
Opera日本公式サイト
http://jp.opera.com/

 さて、まずはOperaの使用感から。
opera95.png

 まず見た目は黒を基調としてかなりリニューアルされている。ただ、格好良さはアップしたものの、リンクバーが微妙に分厚いのは少し残念。
 レンダリング速度の向上はすごいものがあり、ほとんどのサイトが文字通り“あっと言う間に”開いてしまう(FTTH回線ではあるが)という感覚で使える。また、一部のサイトで表示が崩れていた問題などもほぼ解決しており、試しにブックマークに登録されているサイトを片っ端から開いてみてもレイアウトがおかしなものは全くなかった。
 機能面では、今回のバージョンアップで実装された履歴の全文検索がかなり便利。「あの記事どこで見たんだっけ・・・」という悩みがほぼ解消される。また、僕が使っていない間に実装されたスピードダイヤルなども試してみたが、かなり面白い機能だと感じた。.torrentファイルのダウンロードに対応していたりするのも面白い。が、ウィジェット機能は別にいらないかな・・・(Yahoo!Widgetがあるし)。
 今回のバージョンアップをまとめると、長所であるレンダリング速度を向上させつつ、弱点を上手くカバーし、安定感を増した見事なものだったと言えるだろう。

 続いてFirefox3を見てみる。
ff3.jpg

 今回のバージョンアップで(というかバージョンアップのたびに)心配なのが、アドオンの対応。特に僕は結構な数のアドオンを入れているので、3に対応していないものが多く出てくると困りそうだなーとは思っていた。そして実際Firefox3をインストールしてみると、なんとAll-in-one系のアドオンとTab Mix Plusが対応してないと表示されるではないか!
 あわてて対処方法を探してみると、どうやらNightly Tester Toolsというアドオンを導入すると、かなりイレギュラーな方法ではあるが、一応Firefox2まで対応のアドオンも動かせるようになるらしい。早速入れてみると、All-in-one系もTab Mix Plusもちゃんと使えるようになった。一安心。
 さて、アドオンの問題が解決して改めてFirefox3を動かしてみると、そのレンダリングの速さにまず驚かされる。Operaの速さに驚いたばかりだが、Firefox3のそれも負けず劣らずかなり速い。というか、ページによってはOperaよりも速い。3へのバージョンアップで15000カ所も修正を施したというのは伊達じゃなかったようだ。
 懸念していたアドオンの問題もクリアできたし、長らくFirefoxユーザーを悩ませていたメモリ問題もある程度解決し、さしあたってみれば2から3へは順当な進化を遂げたと言えるだろう。細かい点では、パスワードの記憶表示が使いやすいようになっていたり、アドレスバーの機能が拡張されていたり、リンクバーによく見るページの項目が追加されたり、コンテンツマネージャが使いやすくなっていたりしているが、特に大きな目玉機能というのはないようだ。そういう意味では、今回のバージョンアップは全体的なブラッシュアップを思いっきり時間とエネルギーをかけて行ったものだ、と言えるかもしれない。

 さて、両者のブラウザを使い比べてみたところで、改めてどちらをメインブラウザとして使っていくかを考えてみたが、Firefox3の描画スピードがOperaに迫るレベルまで進化した点、2で使っていた各種アドオンが3でも問題なく動作している点、Operaのみの機能にそれほど魅力を感じない点などから、やはり今後も僕はFirefoxを使っていくことに決めた。
 ただ、OperaがFirefoxに劣っている、というわけではない。Operaの魅力はインストールした直後から全ての機能がフルに使えるという手軽さであり、それは各種アドオンを引っ張ってこなければ禄にマウスジェスチャーも使えないFirefoxにはないものだ。ただ、僕個人に限って言えば、これまで3年間Firefoxを使ってきて得た資源があったため、結果的にFirefoxのほうが使いやすく仕上がっていたというだけに過ぎない。
 それほどこれら2つのブラウザの機能レベルは高く、かつてほとんど機能と呼べるものの備わっていないIE6で一つ一つウィンドウを開いていた頃に比べれば隔世の感がある。なので、使う人それぞれが自分の使いやすいと思う方を選んで使えばいいと思う。

 今年の夏にはIE8のβ版がリリースされるそうなので、こちらも注目したいところだ。
スポンサーサイト

×Firefox拡張のまとめ Rev.2

基本的に自分用のメモ代わりなので、詳しい使い方や機能などはFirefoxまとめサイトGoogle Maniaさんのところのまとめ記事参考に、他の人たちがどんな拡張を使っているのか気になる人はFirefox Extension @2chみんなの拡張を導入するなどして参考にしてください。

■基本機能
All-in-One Sidebar
 通常別窓で開くブックマークやDLリスト、履歴他各種パネルをサイドバー形式で表示する
All-in-One Gestures
 マウスジェスチャー機能の追加
Tab Mix Plus
 タブ機能の拡張

■ブラウジング快適化
Adblock Plus
 特定のリファラからの画像やフラッシュの読み込みをブロックする
NoScript
 ページごとにJavascriptのオンオフを設定できる
Sage
 Firefoxに3ペイン型のRSSリーダ機能を追加する
IE Tab
 Firefoxでは上手く表示されないWebページをIEのレンダリングエンジンで描画する
Linkification
 ハイパーリンク化されていないURL文字列を自動でリンク化する
Download Statusbar
 ファイルダウンロードの進捗状況をブラウザ下部にコンパクトに表示する
Japanize
 英語のWebページ内の特定の語句を日本語に自動翻訳する

■便利機能
Scrap Book
 指定のWebページやサイトをローカルに取り込んで保存・編集できる
Save Image in Folder
 右クリックから1アクションで画像ファイルなどを指定のローカルフォルダに保存する
Context Search
 右クリックから範囲指定した語句を検索バーに登録している検索エンジンで検索できる
Add to search bar
 右クリックから任意の検索エンジンを検索バーに追加できる
bbs2chreader
 2ちゃんビューワの機能を追加する
Foxage2ch
 2ちゃんのお気に入りスレッドの更新状況をチェックする

■Googleサービス便利化
Better Youtube
 Youtube閲覧時に様々な機能を使えるようにする
Better Gmail 2
 Gmailに様々な機能を追加する
Gmail 2 big attachment
 Gmailの添付ファイルアイコンを綺麗にする
Better GReader
 Googleリーダーに様々な機能を追加する
GMarks
 ブラウザに「Googleブックマークに追加」ボタンと「Googleブックマークツールバー」を追加する

■Greasemonkeyスクリプト
Greasemonkey
 多種多様なユーザスクリプトを使用できるようにする
Auto Pagerize
 複数ページにわたる検索結果をスクロールするだけで次々に表示する
Googleイメージ検索で画像をレイヤー表示
 イメージ検索結果ウィンドウで画像をクリックすると画像をページ内にレイヤー表示する
Amazon Affiliate Killer
 Amazonアフィリエイトリンクを単なる商品リンクに変える
ニコニコダウンローダ
 ニコニコ動画の再生ページにダウンロードリンクを生成する
503ページを自動リロード
 テンポって503表示されるページを自動的にリロードする
ウェブあぼ~ん
 ウェブブラウジング中に指定の文字列を非表示にする

×Firefoxの使えるアドオン特集 改訂版

以前にもFirefoxのおすすめプラグイン特集の記事を書いたことがあったが、あれから1年以上経ちFirefoxもver2.0にバージョンアップしたということで、改めてFirefoxを使うなら「最低限入れておくべき」(プラグイン改め)アドオン&「入ってると便利な」アドオンをまとめてみる。
各アドオンのリンク先は基本的にMozillaの公式ページで、ほとんどが日本語に対応している。
また、日本語のFirefox解説サイトとしてFirefoxまとめサイトが非常にわかりやすくまとまっている。
fx1.png


■必須アドオン

All-in-One Sidebar
All-in-One Gestures
Tab Mix Plus
まずは三種の神器。
All-in-One Sidebarは通常別ウィンドウとして表示されるブックマークリストやダウンロードリスト、履歴などをOperaのようにサイドバーで表示できるようにするアドオン。All-in-One Gesturesは名前の通りマウスジェスチャー機能を追加するアドオン。そしてTab Mix Plusはタブ機能を強化するアドオンだ。

Sage
Firefoxに3ペイン型のRSSリーダ機能を追加するアドオン。All-in-One Sidebarと組み合わせることで大きな効果を発揮する。使い勝手はSleipnirのRSSリーダーには及ばないものの、ライブリンクやOperaの購読機能よりかは遙かに使いやすい。
他にRSSリーダ機能を拡張するFirefoxアドオンとして、Wizz RSS News Readerがある。

Adblock Plus
特定の文字列を含むリファラからの画像やFlashの読み込みを無効化するアドオン。目障りなバナー広告を右クリック→画像をブロックを選択するだけで、簡単にバナー広告を排除できる。Flash広告については右上に"block"と書かれた半透明のタブが着くようになり、それをクリックすることで消去できるようになる。
想像以上にインターネットブラウジングが快適になるので、まだ導入していない人はぜひ使ってみて欲しいアドオンだ。

IE Tab
Firefoxではうまく表示されないページをIEの描画エンジンを使って表示するアドオン。
Firefoxのシェアが広がるに連れ表示されないページは減ってきたものの、まだまだ使う機会は多い。
膨大なメモリーリークが発生していた問題はバージョンアップによってほぼ解消された模様。

■便利アドオン

Linkification
ハイパーリンク化されていないURL文字列を自動でリンク化してくれるアドオン。

Undo Closed Tabs
閉じたタブを復元するボタンをツールバー上に表示するためのアドオン。

Download Statusbar
ファイルをダウンロードする際、その進捗状況をブラウザ下部に表示するアドオン。
最新のバージョンでは、さらに右下のアイコンに格納できるミニモードが実装された。

Speed Dial
最新版のOperaに搭載されたスピードダイアルという機能をFirefoxで疑似再現するアドオン。
スピードダイアルについてはリンク先を参照のこと。

Google preview
Googleの検索結果にページのサムネイルを表示させるアドオン。

Save Image in Folder
右クリックから1クリックで画像ファイルなどを指定のローカルフォルダに保存できる機能を追加するアドオン。

bbs2chreader
2ch閲覧を快適にしてくれるアドオン。Firefoxまとめサイトでは

bbs2chreader の想定する利用者は、 Firefox を使っていて専用ブラウザを使うほどじゃないけど 2ch はよくみるってかなりニッチな人。

と紹介されているが、そういう人って意外に多いんじゃないかと思う。普通にテキストスレッドを読む分にはなんら不便を感じない程度の機能は一通り揃っているが、画像スレを表示するにはちと不便か。
スキンを適用することでスタイルを大きく変えることができるのも特徴で、特にsmorgasbordはかなりオススメ。
smorgasboad.png
▲Smorgasbordを適用して2chを閲覧した場合

Google Browser Sync
Googleが提供するFirefox用アドオンで、Googleアカウントを使うことでFirefoxの各種設定を複数のPCで自動同期させることができる。同期することができる項目はブックマークや履歴、クッキー、パスワード、開いているタブなどで、このアドオンを導入することで自宅、職場、ネカフェなどのどのPCでもネットワーク環境さえあれば同じFirefox環境を簡単に再現できるようになる。
日本語紹介ページ

Greesemonkey
特定のドメインに対して、ユーザが作成した独自Javascriptによる特殊な機能を適用させることが可能になるアドオン。
このアドオンだけでは何ができる、というモノではないが、公開されている様々なスクリプトの中から自分が欲しい機能を持ったものを探して読み込ませることで、通常のスタイルシートでは実現できない色々な機能を実装することが可能。
スクリプトはFirefoxまとめサイトのページでかなりの数が紹介されている。便利そうなものとしては、Googleで検索したときに他の検索エンジンの結果を統合して表示するページを移動せずに次の検索結果を見るなどのGoogle補助系や、Amazon の商品ページに Yahoo!オークションの検索結果を表示するAmazon のアフィリエイトリンクを取り除いて商品のリンクに変更するなどのAmazon補助系、YouTubeにMP4 MP3 3GP等への動画変換ダウンロードリンクを追加する、ニコニコ動画からflvファイルをダウンロードするニコニコダウンローダなどの動画共有サイト補助系などで、中にはpya!の18歳以上の確認を自動化exciteのトップページを無理矢理excite翻訳にしちゃいますよといった面白いモノもある。
他にも多数のウェブサービスに対応した多数の機能スクリプトが公開されているので、欲しかった機能が見つかるかもしれない。


アドオンとは別に、Firefoxはアドレスバーに"about:config"と打ち込むことでブラウザの細かい設定をいじくることができるようになっている。実は、ここで様々な項目の値を変更することで、デフォルトの状態よりかなり動作を高速化することができる。
詳しい内容についてはこちらのページがわかりやすい。

×Vol.7番外編:Firefoxプラグイン特集

去年の11月にver1.5にメジャーバージョンアップし、順調にシェアを拡大しているFirefox。フリーの多機能ブラウザとしては、国内ではSleipnir2OperaLunascapeなどと比較されることが多いが、Firefoxの最大の特徴は、Extensionと呼ばれる各種プラグインによる機能の拡張だ(FirefoxではExtensionとは別にJavaやFlashなどを表示するための追加機能をPlug-inと呼んでいるため、厳密にはプラグインと呼ぶと紛らわしくなるのだが、ここではプラグイン=Extensionと考えてもらいたい)。
そこで今回は、Firefoxを使いこなすならこれだけは入れておきたい、というプラグインや、一部の人にはすごく使える、というちょっとマニアックなプラグインなどをまとめてみた。

【情報元サイト】
Mozilla Updates
https://addons.mozilla.org/?application=firefox
Firefoxまとめサイト
http://firefox.geckodev.org/
窓の杜 - 「Firefox」プラグイン特集 第1回 第2回
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/02/17/firefoxplugins.html
続きを読む

×Vol.54:Flock

ツール名:
Flock

種類:
次世代タブブラウザ

形態:
フリーウェア(β版)

自己評価度:
★★★★

配布元:
Flock公式サイト[http://www.flock.com/]
トップページ上部のDeveloperをクリックでDLページへ移動。ページ真ん中あたりのChoose your platformの中から自分のOSを選んでDL。
DLサイズ8.0MB(ver0.4.10)

インストール容量:
22.41MB

機能:
Firefoxをベースにオープンソースで開発が進められている多機能タブブラウザ。Firefox用のプラグインをそのまま使用することはできないが、Flock向けに作り直されたプラグインが多く公開されている。
また大きな特徴として、Web2.0と呼ばれる次世代ウェブサービスとの連携機能がデフォルトで組み込まれており、ブラウザを通じてソーシャルブックマーキングサービスdel.icio.usや写真共有サービスFlickr、そして一部のブログサービスなどとの連携を行うことができる。
残念ながら現在はまだβバージョンであるため、日本語や日本向けの各種サービスには対応していない。
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。