×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×インターネット音楽配信関連記事@卒論用資料メモ3

「iPod+iTunesに対抗できるサービスだ」──auのLISMO
“iTunes追撃”のライブラリソフト「au Music Port」を試す
PC連携の新音楽サービス──対応のWIN 7機種も発表

携帯電話の着うた配信事業でシェアを独占しているauがPC音楽配信にも参入。
iTunesがiPodという配信端末の普及によってそのシェアを拡大してきたことから考えると、すでに2000万台以上の契約端末を持つauは最初から大きなアドバンテージを得ていることになり、今後のサービス展開次第では急速にシェアを伸ばしていく可能性がある。ただ、見た感じだと付属の音楽管理ソフトウェア「au Music Port」の使い勝手はすごくいいというわけではなさそうで、iTunesにがっちり捕まれたユーザをどこまで奪えるかというのが今後の課題になりそうだ。
音楽を携帯電話で聴く、というスタイルがまだ広く定着していない現状ではiPod&iTunesコンビにどこまで対抗できるかはわからないが、少なくともこれでまた一歩「音楽はPCで買い、聴く」という次世代形式に近づいたのではないかと思う。
スポンサーサイト

×インターネット音楽配信関連記事@卒論用資料メモ2

【詳報】アップルコンピュータ、“iTunes Music Store”のサービスを国内で開始──集まったプレス&音楽関係者は推定2000人
iTunes Music Storeにレーベル参加表明が続々と!
日本国内で「iTunes Music Store」スタート。価格は1曲150円から
ジョブズ氏来日――「iTMS-Jは日本のためにつくられた」
iTunes Music Storeと国内の音楽配信サービスを徹底比較!
iTunes-Japanが8月4日オープン。アメリカではすでにシェア82%を持ちNo.1オンラインミュージックストアの地位を築いているサービスだけに、日本での動向が注目される。
曲数が100万曲、15のレーベル、1曲150円ということで、他の国内音楽配信サービスとは段違いの品揃え&安さ。品揃えはLivedoorオークションとヤフオクぐらい違う。また、他のサービスがブラウザを介して行われるのに対し、iTunesーJはiTunesというメディアプレイヤーを通じて購入が可能である点もポイントが高い。
このレベルのサービスであれば、いずれネット音楽配信はiTunesに統合されていくように思う。
iT.jpg

iTunes上でのミュージックストア画面(クリックで拡大)

×インターネット音楽配信関連記事@卒論用資料メモ

ネット音楽配信急成長、400億円市場の予想も
米ヤフー、11日から会員制オンライン音楽配信サービス開始
CDのネット販売や音楽配信、利用率や認知度高まる~日本レコード協会調査
RealNetworksが音楽配信の「Rhapsody」で無料・無制限サービス攻勢、iTunesに対抗
音楽配信「MaXMuse」4/29本格始動~モーニング娘。等を低価格で
メディアラグ、トヨタ「G-BOOK ALPHA」に音楽配信サービスを提供開始
ここ最近のネット音楽配信関連の動き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。